訪日韓国人観光客、訪韓日本人観光客より3倍多い

訪日韓国人観光客、訪韓日本人観光客より3倍多い

2017年12月11日17時02分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
旅行客で混雑している韓国仁川空港。
  訪韓日本人観光客より訪日韓国人観光客が約3倍多いことが分かった。

  11日、韓国観光公社と日本観光庁によると、今年1月から10月までの訪日韓国観光客は583万8600人となった。同期間に韓国を訪問した日本人観光客(190万4282人)の約3倍に達する。

  今年1月から10月までに日本を訪れた韓国人観光客数583万人は昨年同期416万人より約40%急増したと言える。一方、今年韓国を訪れた日本人観光客数は昨年に比べてあまり変わらなかった。

  観光業界は北朝鮮の挑発による韓半島(朝鮮半島)の安保危機、円安による韓国人の日本観光選好などの要素がこのような現象を呼び起こしたと分析している。また、今年5月と10月韓国の長い連休で日本旅行が増加したという分析も出ている。

  一方、韓国観光業界はより多くの日本人が韓国に訪問するように様々なマーケティングを展開している。日本の主要旅行会社社長団招請行事とともに福岡、静岡など日本の地域で大規模な観光広報行事を行っている。このような広報を踏まえて多くの日本人が来年2月平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の時も韓国を訪れることを期待している。

  韓国観光公社側は「年末年始の連休を利用して海外に出かける日本人が約70万人程度になるものと予想している。日本人に海外旅行先として韓国を選んでもらえるように最大限広報していきたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事