女優コ・ヒョンジョン側「ドラマ『リターン』から降板…制作陣との溝埋まらず」

女優コ・ヒョンジョン側「ドラマ『リターン』から降板…制作陣との溝埋まらず」

2018年02月08日07時51分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のコ・ヒョンジョン
  女優コ・ヒョンジョンが制作陣との溝を埋めることができず、ドラマから降板すると公式発表した。

  コ・ヒョンジョンの所属事務所IOK COMPANYは8日午前1時、「コ・ヒョンジョンが『リターン』(原題)から降板することになった。女優としての責任感と作品に対して大きな愛情を持って撮影に臨んできたが、制作過程で演出陣と意見の食い違いが繰り返しあった。これを最大限調整しようと努力したが溝を埋めることはできず、話し合いと苦心の末にこれ以上撮影を続けるのが難しいと判断した」と明らかにした。

  続いて「また、誰の善悪を追求するよりは多くの人が一緒に作りあげていくドラマの特性上、ある人が問題ならば、作品のためにもその人が抜けることが当然だと考えてSBS(ソウル放送)の降板通知を受け入れる」で伝えた。

  また「主演女優として最後まで責任を全うすることができない点を繰り返しお詫び申し上げ、『リターン』の全制作陣と出演俳優にも申し訳ない気持ちを伝える」と謝罪した。

  一方、コ・ヒョンジョンはSBS水木ドラマ『リターン』の撮影序盤から制作陣と摩擦があり、これによってPDを暴行するなどの問題にまで発展していた。結局、3日間にわたって撮影が中断され、コ・ヒョンジョンが7日午後に下車することで終了した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事