K-POPに劣らない「キャラクター韓流」…中国・光棍節一日の売り上げ46億ウォン(1)

K-POPに劣らない「キャラクター韓流」…中国・光棍節一日の売り上げ46億ウォン(1)

2017年11月14日09時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キャラクター韓流の主人公。左上からカカオプレンズの「ライアン」、ラインプレンズの「ブラウン」、オコンの「ポンポン ポロロ」、ラインプレンズ「コニー」、YG PLUSの「クランク」。(写真=各会社)
  「クマやウサギが可愛いです(熊和兔子很可爱)」

  11日(現地時間)、中国版「ブラックフライデー」と呼ばれるショッピング祭りである光棍節当日。中国最大のオンラインショッピング・モール「T-mall(天猫)」では消費者の間で大きな争奪戦が起きた。クマの「ブラウン」とウサギの「コニー」など韓国から来た「ラインプレンズ」のキャラクターで作られた商品を買うためだ。

  この日、一日間ラインプレンズがT-mall1カ所で上げた収益は約46億ウォン(約4億6700万円)。該当ショッピング・モール内幼児用玩具部門3年連続で売り上げ1位のブランドを占めた。2015年には15億ウォン、昨年には25億ウォンの売り上げを光棍節当日に上げた。ラインプレンズは13日「ことしは販売開始1時間で売り上げ20億ウォンを突破した」とし「ハンドバッグ用キーホルダーの人形1万個、キャラクターが描かれたサブバッテリー6000個がそれぞれ売れた」と明らかにした。

  中国だけの話ではない。最近、全世界的に韓国産キャラクターの人気が熱い。K-POP人気に次ぐ、いわゆる「キャラクター韓流」だ。

  NAVER(ネイバー)の子会社であるラインプレンズは、世界87カ所に店舗を置く世界的なキャラクターブランドとして位置づけられている。ことし8月には米国ニューヨークの中心街である「タイムズスクエア」に正式店舗をオープンした。アイコニクス・オコンなどが2005年アニメーションでリリースした「ポンポン ポロロ」は世界90カ国で今まで4000億ウォンの売り上げを上げたと推算されている。レトロボット・YOUNG TOYS社の変身ロボット「TOBOT(トボット)」もフランス・ロシア・台湾などの地域に輸出されて人気を集めた。

  米国の「ミッキーマウス(ディズニー)」や日本の「ハローキティ(サンリオ)」に代表されるキャラクター産業は世界的に成長中だが、特に韓国の成長の勢いが恐ろしい。韓国コンテンツ振興院によると、国内キャラクター市場規模は2005年2兆700億ウォンから昨年11兆573億ウォンへと11年間5倍に成長した。世界キャラクター市場の規模は2009年1510億ドル(約17兆1634億円)から来年1806億ドルへと1.2倍になる見通しだ。

K-POPに劣らない「キャラクター韓流」…中国・光棍節一日の売り上げ46億ウォン(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事