ロボット・傭兵が戦う「アバター戦争」 すでに現実に(1)

ロボット・傭兵が戦う「アバター戦争」 すでに現実に(1)

2010年01月21日14時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   1000万人の観客突破を目前に控えた映画「アバター」には、傭兵とロボット戦争という異色の素材が登場する。遠い未来や映画の話のようだが、実はそうではない。 イラクやアフガニスタンの戦場ではすでに現在進行形だ。

  実際に両国の戦場では民間傭兵の数が連合国正規軍の兵力を上回っている。 03年にイラク戦争が始まった当時1台もなかった地上ロボットは1万2000台以上に増えた。 米軍は2012年までに人間兵士とロボットが合同作戦を繰り広げる実戦部隊を創設する計画だ。

  戦争が変わった。 国籍や忠誠心、道徳的名分とは距離が遠い民間傭兵が正規軍に代わって銃を握っている。 いまやロボットは戦争を補助するのではなく、戦争を主導している。

  昨年末アフガニスタンの米中央情報局(CIA)支部では自爆テロ事件で7人のCIA要員が死亡した。 CIA史上最悪の惨事の一つだった。

  1983年にレバノン米大使館の自爆テロでCIA要員8人が死亡したが、これに次ぐ事件だった。 AP通信など米メディアはCIA要員7人のうちジェレミー・ワイズ(35)とデイン・ファレッシュ(46)は民間戦争代行会社ブラックウォーターの職員だったと伝えた。 軍で特殊作戦に参加した2人は、退役した後、ブラックウォーターの職員になった。

  CIA支部は無人攻撃機の爆撃作戦に必要な情報を収集するところだった。 アルカイダは「米国の無人機空襲に対する報復だった」と明らかにした。 米国の報復攻撃にもロボットの無人戦闘機が動員された。 その間6回の爆撃で少なくとも20人が死亡した。

  米軍がイラクを侵攻した03年、地上には作戦遂行用のロボットが1台もなかった。 しかし今、イラクとアフガンの戦場には1万2000台以上の地上ロボットが配置され、空中には約7000台の無人機が浮いている。 無人戦闘機プレデターがその代表だ。 高空偵察機リーパーもある。

ロボット・傭兵が戦う「アバター戦争」 すでに現実に(2)


【ホットクリック】

・ 「母・兄の公開処刑も見た…そこでの私は奴隷で獣だった」
・ ‘日本一の富豪’ユニクロ会長、「小売業の三星電子になるのが目標」
・ 金泰栄国防部長官、「北朝鮮の核攻撃が明確なら先に攻撃」
・ ロボット技能五輪初出場…日本チーム破りMVPになった高校生
・ <フィギュア>キム・ヨナ、五輪後に世界選手権2連覇に挑戦
・ 注目すべき世界の指導者、小沢幹事長が鳩山首相抑え3位に
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事