【社説】W杯のスウェーデン戦惜敗…まだ2試合が残っている

【社説】W杯のスウェーデン戦惜敗…まだ2試合が残っている

2018年06月19日10時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「死の組」に入った韓国が初戦でスウェーデンを相手に善戦したが、後半17分にPKを許して惜しくも0-1で敗れた。今回の2018ロシアW杯は、米朝首脳会談や地方選挙など政治的なイシューに埋もれ、過去の大会に比べると関心が低い中で開幕した。しかしB組第1戦でポルトガルが「超豪華無敵艦隊」スペインと引き分けるなど名勝負をしたのをきっかけに雰囲気は盛り上がってきている。南米の強豪アルゼンチンがアイスランドと引き分けたほか、前大会優勝のドイツがメキシコに敗れるなど大会序盤から波乱が続いている。韓国も異変を期待して18日の初戦に臨んだが、欧州の強豪スウェーデンの壁を越えることはできなかった。

  しかしまだグループリーグ予選2試合が残っているだけに、今からあきらめたり失望する必要はない。さらに韓国代表に対する非難は禁物だ。韓国は9回連続W杯本大会進出という輝かしい歴史を築いた立派なチームだ。国際サッカー連盟(FIFA)加盟国のうちこのような大記録を達成した国はブラジル・アルゼンチン・ドイツ・イタリア・スペインほどしかない。

  申台龍(シン・テヨン)監督が率いる韓国代表を眺める国民の視線はそれほど好意的でなかった。強化試合の競技力を失望し、W杯本大会で不振と失敗は当然だという雰囲気もあった。しかし申監督は不振のチームをよくここまで立て直した。W杯では競技の結果で評価されるしかないが、こうした過程も評価に値する。さらに昨日の試合ではGK趙賢祐(チョ・ヒョンウ)がスーパーセーブを連発した。

  初戦は落としたが、今から23日のメキシコとの第2戦に向けて落ち着いて準備しなければいけない。勝敗はともかく韓国選手たちに大きな声援を送りたい。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事