安倍氏に会ったペンス氏「北の初めての核実験も2006年五輪後だった」

安倍氏に会ったペンス氏「北の初めての核実験も2006年五輪後だった」

2018年02月08日06時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「北朝鮮が体制宣伝のためにオリンピックのイメージを横取りするのを容認しない。北朝鮮が挑発行為を五輪旗の下に隠すことを許さない。北朝鮮初の核実験は2006年五輪後わずか8カ月後だった」

  米国のマイク・ペンス副大統領が7日、東京で安倍晋三首相と会談した後、記者会見で述べた言葉だ。

  この日の記者会見は午後5時15分に始まった。1時間前、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が平昌(ピョンチャン)に来るという知らせが伝えられた状況だった。

  しかし、北朝鮮とこれ以上の妥協はないというペンス氏のメッセージにはブレがなかった。ペンス氏は「北朝鮮はオリンピックに選手団を派遣して、韓国と同じ旗の下で行進する。だが、こういうことは過去にもあった」とし「2000年と2004年大会、そして2006年大会でも同じことがあったが、北朝鮮はその後すぐに挑発を継続した」と強調した。

  ペンス氏は米国を代表して平昌に行く理由についても「もちろん選手を応援するが、同盟国と共に肩を並べて、『北朝鮮は世界で最も独裁的で残酷な国』であることを伝えたい」と述べた。「北朝鮮に拘束されてその後死亡したオットー・ワームビアさんの父親も同行する。我々は決して(ワームビアさんを)忘れない」としながらだ。

  ペンス氏は特に「過去の過ちを繰り返さない」とし、もうこれ以上、北朝鮮にだまされないと述べた。「過去、米国と日本、そして自由を愛する国々は北朝鮮に『失敗した外交』だけをしてきた」「結果的に約束はすべて反故にされ、挑発だけが返ってきた」「1994年(ジュネーブ合意)も、2005年(9・19合意)も、過去数年間もそうだった。北朝鮮は日本の領空に向かって弾道ミサイルを30日以内に2回も発射した」などと指摘した。同時に「北朝鮮に優しくするとさらに深刻な挑発につながるだけだ。全ての選択肢がテーブルの上にある」とし、軍事的オプションを排除しないという意向を明確にした。

  ペンス氏は特に「今まで見たことがない最も強力な外交的かつ経済的な圧力を北朝鮮に加える」としながら「完全かつ検証可能で、後戻りできない非核化が実現のものとなるように一層強力な制裁を間もなく発表する」と予告した。

  9日にも平昌オリンピック(五輪)開会式で会うことになる安倍氏をペンス氏は敢えて東京で個別に会った。平昌五輪を機に火がついた南北間対話ムードにブレーキをかけるという米国の意志を明確に打ち出そうとする狙いだ。安倍氏との会談はもしかしたら韓国に入る前の「対北圧迫パートナー」日本との一種の作戦会議か最終リハーサルのような雰囲気だった。

  2人は会談後、「非核化のための北朝鮮の具体的行動がない限り、意味ある対話を期待することはできない」という内容を骨子とした文書もまとめて発表した。

  安倍氏は会見で「日本とアメリカが100%共にするという立場を確認した」とし「北朝鮮の微笑外交に目を奪われてはいけないと(国際社会に)共に訴えていくことにした」と述べた。あわせて「米国と日本が確認した方針を韓国で文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも確認する」ということも述べた。一言で「北朝鮮にだまされるな」というメッセージを2人が共に文大統領に伝えることで意気投合したということだ。両氏は会談で、平昌五輪期間中は保留となった米国と韓国の合同軍事訓練を速やかに再開する必要性に対しても共感したという。

  金与正の訪韓ニュースが打電された中で、北朝鮮に対する圧力を最大化すると意気込む日米リーダーの共同記者会見場面は、南北と日米の交錯をそのまま表わすものとなった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事