【噴水台】スポーツと教育

【噴水台】スポーツと教育

2006年03月06日20時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  日本北海道の苫小牧高校は駒大地方キャンパスの付設学校だ。 この高校の野球部が日本列島を二度も騒がせた。 昨年、この学校は日本高校野球の最高峰である甲子園大会で2連覇を達成した。 大会史上57年ぶりという奇跡だった。 野球部の選手らは北海道が生んだ英雄であり、苫小牧住民の誇りだった。

  しかしこの学校の野球部のため現在、日本国内は騒がしい。 優勝の主役である3年生の選手らが1日の卒業式の晩、醜態をさらした。 居酒屋で酒を飲み、喫煙したのだ。 その余波で監督はもちろん、校長までも辞表を出した。 日本高校野球連盟は同校の甲子園出場辞退を受け入れる方針だ。 「校風・品位・実力をともに備えた高校野球チームを選抜する」という規定のためだ。 日本ではどんなに優れた高校選手でも、必ず放課後に練習するのが伝統だ。

  見方によっては、それほど大げさに騒ぐことでもなかったとも受け止められる。 卒業する先輩が最後のパーティーをしながら、アルコール度数が低いカクテルを何杯か飲み、たばこを回しながら吹かしただけだ。 しかし日本は容認しなかった。 生徒らの飲酒現場を通報したのはその地域の大人だった。 苫小牧警察も「故郷の英雄」の小さな脱線に目をつぶらなかった。 高校野球は教育の一環ということだ。 日本の各メディアも当然のように冷静に報道している。

  最近、世界スポーツ祭典で日本は苦戦している。 トリノ冬季オリンピックでも金メダル1つに終わった。 世界2位の経済大国に似合わない、みすぼらしい成績だ。 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)など日本がスポーツに注ぐ関心や熱気を考えると、理解しがたいことだ。 これに対して韓国スポーツは、歳月が流れるにつれ輝かしい成績を収めている。 世界トップ圏を眺めるほどだ。 特定種目は金メダルを独占し、国際的に妬まれている。 しかし何となく空しい感じだ。 時々発生する代表選手の選手村離脱、派閥葛藤のうわさなど、相変わらず陰の部分が残っている。 果たして韓国はスポーツ強国か。 いつか、泰陵(テルン)選手村に象徴されるエリート体育の限界が表れるかもしれない。

  苫小牧の篠原勝昌校長は、「このように一斉に辞表を出す必要があるのか」という世間の同情論に一線を引いた。 「技術だけが優れていてもいけない。高校運動選手は心技体が調和しなければならない。生徒の本分を正しく教えられなかった責任を重く受け止めようと思う」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事