前韓国党代表「文大統領の『包容的成長』は社会主義の配給制度」

前韓国党代表「文大統領の『包容的成長』は社会主義の配給制度」

2018年11月22日10時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領が21日午前、青瓦台本館集賢室で開かれた「国政課題委員会および大統領諮問委員会の午餐懇談会」で冒頭発言をしている。この席で文大統領は国政課題委員会と大統領諮問委員会に「今まで国政課題の大きな地図を描いてきた。もう政府がするべきことはその地図に沿って皆がともに豊かに暮らす包容国家を作ること」と明らかにした。(写真=青瓦台)
  洪準杓(ホン・ジュンピョ)前自由韓国党代表が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「包容的成長」の基調を「社会主義の配給制度」と批判した。

  洪前代表は21日、自身のフェイスブックに「包容的成長とは、結局持っている者のものを奪ってまんべんなく分けようという社会主義式配給制度をいう」として「それを高尚に表現すれば、包容的成長になる」と主張した。

  また、「マイナス成長が目の前に迫っているのに、成長を云々する文政権を見ているとあきれる」として「良い雇用は消え、日給を受ける臨時職のバイトと国民税金を分ける公務員だけを増やした政権が成長を云々している」と非難した。

  同時に「年末になると、経済大乱が起きる兆しが見えるのに、ひたすら北を眺めて金正恩(キム・ジョンウン)氏の処分だけを待っている文政権に私たちは期待をかけられるか」と声を高めた。

  これに先立ち、文大統領はチョン・ヘグ国政企画諮問委員長をはじめとする大統領直属委員会所属委員を青瓦台(チョンワデ、大統領府)に招いて午餐懇談会を開いた席で「現政権が悩んでいる包容的成長と持続可能な発展、そして人間中心の問題が大韓民国や現政権だけの特別な価値でなく、国際社会が共通的に持っている同時代的関心」と明らかにした。

  文大統領は「今まで各委員会が国政課題の大きな地図を描き、これから政府がするべきことはその地図に沿って皆がともに豊かに暮らす包容国家を作ること」とし、そのビジョンが国民の暮らしの中に根をおろして実を結んでこそ少数だけが恩恵を受けるのでなく、国民皆が分け合う包容成長・包容国家」と説明した。

  また、「特に、来年はわが政府の意志により予算を編成して事業を施行する初年度で、その過程で国政課題と核心政策が妥当に設定されたかどうかを点検・評価し、さらに補強して改善する点があればいつでも助言してほしい」と呼びかけた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事