日本人の男、朝鮮総連銀行に放火未遂…「韓国に悪いイメージ」

日本人の男、朝鮮総連銀行に放火未遂…「韓国に悪いイメージ」

2017年05月24日08時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本人の男が朝鮮総連系の銀行に放火した。(中央フォト)
  日本で、日本人の男が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)系の銀行に放火しようとする事件があった。

  23日の毎日新聞と共同通信によると、愛知県警はこの日、無職のA(65)を銀行に放火しようとした容疑(現住建造物等放火未遂)で逮捕した。

  Aはこの日午後1時20分ごろ、愛知県名古屋市の朝鮮総連系銀行「イオ信用組合大江支店」(旧朝銀中部信用組合)に入り、火がついた布をカウンター内に投げた。灯油に浸した布に火をつけて投げた男は、外に止めていた車に乗って逃走し、犯行から10分後に警察に自首した。Aは警察に「慰安婦問題で韓国に悪いイメージを持っていた」と話した。

  犯行当時、銀行には職員が6人いた。客はおらず、職員がすぐに火を消し止めたため、けが人はなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事