1000万人観客を前に100億ウォン台盗作訴訟…法廷に向かう『暗殺』

1000万人観客を前に100億ウォン台盗作訴訟…法廷に向かう『暗殺』

2015年08月13日10時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『暗殺』
  「『暗殺』は私の小説のあらすじを微妙にひねって作った」。(チェ・ジョンリム作家)

  「『暗殺』を準備する過程で小説の存在自体を知らなかった」。(チェ・ドンフン監督)

  封切り22日で観客932万人を動員した映画『暗殺』(チェ・ドンフン監督)が盗作問題に巻き込まれた。作家チェ・ジョンリム(64)氏が10日午前、『暗殺』の制作会社ケーパーフィルムと配給会社ショーボックスを相手に100億ウォン台の損害賠償訴訟の訴状を受理された。チェ作家は自身が2003年に出した小説『コリアン・メモリーズ』を映画が盗作したと主張して映画上映禁止仮処分の申請も共に受けつけられた。チェ作家はこの小説を4日に再出版した。

  双方の立場はきっ抗している。チェ作家は「『暗殺』が金九(キム・グ)先生が狙撃隊を募集して朝鮮に浸透し、親日派と日本の要人たちを暗殺するという小説のあらすじを盗作した」と主張した。これに対しチェ・ドンフン監督は「映画と小説は背景からして違う。映画は1933年に活動した独立軍の歴史的な土台をもとにした一方、小説は臨時政府の特殊部隊が独立を勝ち取ったという仮想の歴史を再構成したもの」と反論した。争点になった場面描写についても主張が交錯している。チェ作家は「『暗殺』の最後で金九先生が犠牲になった独立闘士のために酒杯に火をつける場面は、小説で井華水をくんで隊員のために祈る場面と似ている」と主張した。これに対しチェ監督は「該当場面は名もなき独立活動家の犠牲を忘れないでおこうという映画的表現であり、普遍的ヒューマニズムをもとに演出された場面」と反論した。

  『暗殺』盗作議論は法廷で是非が判断される見通しだ。チェ作家は「すべての法的措置を動員して制作会社に責任を求める。勝訴すれば、創作物が保護されうる転換点になるだろう」と話した。これに対しケーパーフィルムのアン・スヒョン代表は「小説を検討した結果、小説と映画は明らかに違うという内容の答弁書を12日提出した」と話した。チェ作家側のシン・チュングァン弁護士は「作家が2003年に小説出版前に書いたシナリオで、金九先生が女性狙撃手を中心にした暗殺組織を投じるという設定があった」と主張した。これに対しケーパーフィルム側のソン・ジェソプ弁護士は「女性狙撃手が登場するという設定だけでは、著作権の保護対象ではない。したがって著作権の侵害は成立しない」と答えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 映画『暗殺』
  • 女優チョン・ジヒョン