<アジア大会>空調の風のせいにした日本バドミントン

<アジア大会>空調の風のせいにした日本バドミントン

2014年09月23日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「競技中に突然風が吹いた。コートチェンジするたびに向かい風になる感じだった」。日本バドミントン代表の田児賢一(25)は21日、仁川桂陽体育館で行われたアジア競技大会男子団体の準々決勝で韓国に2-3で敗れた後、このように述べた。体育館の冷房から吹く風のために負けたという主張だった。

  読売新聞は22日、「バドミントン日韓戦で疑惑の向かい風…4強逃す」と題した記事で、日本の敗戦を風のせいにした。同紙は「主催側が冷房の風を調節して意図的に競技を妨害した」と主張した。

  しかしこうした日本側の主張は事実無根であることが分かった。チェ・ソングク大会種目調整官は「競技場に設置された冷房は内壁の上段に固定されている。風速・風向きを調節するシステムはない」とし「もし問題になっていたとすれば日本チームが正式に抗議したはず。しかし抗議はなかった」と述べた。

  桂陽体育館では20日午前、電力量急増による過負荷で5分間ほど停電事故が発生した。チェ調整官は「円滑な電力供給のために20、21日には冷房を1時間つけ、30分中断する方式で運営した」とし「22日未明、変圧器の電圧を高める作業をした。現在は競技中ずっと冷房をつけている。審判委員長も冷房システムを点検した後、問題がないことを確認した」と述べた。チェ調整官は「冷房を消してしまうことを考えたが、競技場内の温度を24度に維持すべきだという技術代表の勧告のために冷房をつけている」と話した。

  韓国の男子バドミントン代表は23日、中国と金メダルをかけて対戦する。一方、韓国女子バドミントンは22日、団体戦決勝で中国に0-3で敗れ、銀メダルとなった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事