<U-23サッカー>韓国監督「日本に一度も負けたことない」

<U-23サッカー>韓国監督「日本に一度も負けたことない」

2016年01月28日14時28分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
申台龍(シン・テヨン)監督
  サッカー韓国オリンピック(五輪)代表チームの申台龍(シン・テヨン)監督が韓日戦の勝利を確信した。

  韓国は30日(日本時間)にカタールで行われるリオデジャネイロ五輪最終予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権の決勝で日本と対戦する。

  申監督は28日、代表チームの宿舎のホテルで韓国の記者団を相手に記者懇談会を開いた。この席で申監督は「日本戦の覚悟は必要ない。絶対に勝つ。そのような精神で武装している。手段と方法を問わず勝つ」と述べ、勝利への意志を表した。

  続いて申監督は「まだ日本戦のビデオを見ていない。今日終わってから考えようと思う。今日は緊張を解いて休息を取った。これから本格的に準備を始める。日本戦のビデオ分析から始める」と述べ、本格的に準備に入ると明らかにした。

  当初、申監督は決勝に進出すれば選手が思う存分プレーできるようにすると公言した。しかし考えが変わった。相手が日本であるからだ。申監督は「決勝は選手が負担を感じない試合をしたかったが、韓日戦の特殊性のため多くのことを悩んでいる。競技内容も重要だが、結果を気をしないわけにはいかないのが韓日戦」と話した。

  ファン・ヒチャン(ザルツブルク)が所属チームに戻ったことについて、申監督は「ファン・ヒチャンがいなくても残りの選手の士気が高まっている。どのチームとぶつかっても自信がある。選手を信じて日本戦に勝利できるカードを準備している」と述べた。

  最後に日本戦の記憶に関する質問に対し、申監督は「1992年バルセロナ五輪の予選で勝ったのが最も記憶に残っている。私は日本との対戦で一度も負けていない。日本に対しては良い記憶を持っている」と言って笑った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事