「白頭山、20年以内に噴火する確率99%」

「白頭山、20年以内に噴火する確率99%」

2012年05月21日08時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
白頭山(ペクドゥサン)。
  昨年3月11日の東日本大震災の影響で、白頭山(ペクドゥサン)が20年以内に噴火する確率は99%にのぼるという研究結果が出てきた。

  東北大学の谷口宏充名誉教授(火山学)は最近、「白頭山の過去1100年間の噴火を詳しく調査した結果、10世紀に大噴火した後、14-20世紀の間に6回噴火したことが明らかになった」とし「噴火の時期は日本の大地震発生と大きな関連性があった」と主張した。続いて「東日本大地震によるプレート運動で白頭山が噴火する確率は2019年まで68%、2032年までは99%」と述べた。研究の結果は23日に開かれる学術行事で公式発表される。

  谷口教授は「例えば、白頭山の1898年の噴火の2年前には日本で明治三陸地震が発生した」とし「マグニチュード8.0以上の日本の大地震前後に少なくとも5回の白頭山爆発が確認された」と説明した。昨年3月11日の東日本大震災はM9.0だった。

  白頭山の火山爆発の可能性は何度も提起されてきたが、日本の大震災との相関関係が取り上げられたのは今回が初めて。毎日新聞は19日、「噴火の規模は1980年の米国西部セント・ヘレンズ山噴火並みと推定される」とし「韓国・中国・日本など周辺国に大きな影響を及ぼす」と予想した。白頭山付近に建設中の中国赤松原発に被害が生じる可能性も取り上げられた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事