【現場から】非正規職の妨害で失敗に終わった懇談会…行く道遠い韓国GMの正常化

【現場から】非正規職の妨害で失敗に終わった懇談会…行く道遠い韓国GMの正常化

2018年05月15日11時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国GMは14日午前に仁川(インチョン)の富平(プピョン)工場で「経営正常化懇談会」を開催する予定だった。韓国GM経営正常化過程で起きた数多くの議論にバリー・エングルGMインターナショナル社長とカハー・カゼム韓国GM社長が直接答える席だった。

  こうした席が設けられたのは韓国政府とゼネラルモーターズ(GM)の交渉過程でいくつか疑惑が残ったためだ。例えば韓国政府は「GMアジア太平洋本部を韓国に誘致する」と発表したが、これに対するGM本社の立場は正確に明らかになっていない。また、韓国GMを支援する方法(GMは貸し付け、産業銀行は出資)がそれぞれ異なるという点でGMが再び撤退を推進する可能性があるという主張も出てきた。

  だがこの日の懇談会は結局開かれなかった。全国金属労働組合韓国GM非正規職支会(非正規職労組)が懇談会場に乱入したためだ。韓国GMは「安全上の問題から経営正常化記者会見は無期限延期する」と明らかにした。

  至難な3カ月間の経営正常化交渉期間に中央日報はエングル社長とカジェム社長と何回も会った。その時ごとに質問を投げかけたが、彼らは毎回答えるのを避けた。こうしたGM高位経営陣が「どんな質問でもしてみなさい」として自発的に用意した機会を逃してしまった。もちろん非正規職労組の突発行動も完全に理解できないものではない。韓国政府とGMが交渉を終えれば、彼らはややもすると取り残されることになりかねなないと考えたとみられる。

  実際に韓国GM正規職労組は会社側と合意した交渉案で非労組員である非正規職の意見を全く反映しなかった。会社側も「大法院(最高裁に相当)の判決が下されれば非正規職問題を処理できる」として一歩後退している。韓国GMは大法院が違法派遣だと確定判決した非正規職は全員採用したが、45人の富平・群山(クンサン)の請負職関連訴訟はまだ2審が進行中だ。

  それでも非正規職労組が韓国GMの経営正常化を妨害するのは自縄自縛だ。韓国GMが販売を回復できないならば非正規職に回る雇用も減少するためだ。韓国GMは懇談会を契機に疑惑を振り払い、販売台数回復に全力を尽くす計画だったが、懇談会の延期でこうした日程は延期された。

  この日GM経営陣から聞こうとした内容も事実非正規職労組主張とも関係がある。例えば非正規職労組はこの日中央日報記者に「移転価格・原価計算などGMの不良経営の原因から明らかにしなければならない」と主張した。予定通りに懇談会が開かれたとすれば、もしかしたらエングル社長の責任ある回答が出てきたかも知れない。

  10日にソウルの韓国自動車産業協同組合で開かれた産業通商資源部とGM間の自動車産業発展協力協約式の時を鮮明に思い出す場面がある。ファン・ホイン韓国GM富平(プピョン)非正規職支会長が白雲揆(ペク・ウンギュ)長官の前に立ちはだかった。白長官は「みなさんの問題を政府が投げ捨てて行きはしないだろう。みなさんが悩む問題を政府がともに解決するよう努力する」と約束した。

  政府ができないことをできるようにはできないが、それでも傍観ばかりしているのでもない姿勢だ。こうした状況で差し迫っているからと経営正常化日程を妨害したことは、ようやく起死回生の機会をつかんだ韓国GMを再び死地に追いやる行為だ。残された疑惑を解消できていい状況で韓国GMの経営正常化ははるかに遠い。この日の懇談会も経営正常化に向け必ず経なければならない段階だった。すべてのことには順理があるものだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事