世界のバイオ後続品市場で韓国企業同士が角逐(1)

世界のバイオ後続品市場で韓国企業同士が角逐(1)

2017年04月24日10時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  グローバル製薬会社ヤンセンが作った「レミケード」は自己免疫疾患であるリウマチ関節炎とクローン病、そして潰瘍性大腸炎治療に使われる。この薬は昨年全世界で82億ドル、米国だけで実に5兆ウォン以上売れた。一度服用を始めれば継続して服用しなければならず、薬の価格も高い。米国でレミケードを服用する患者は年間3万ドルを薬代として支出するという。

  サムスンバイオエピスが今秋からレミケードのバイオ後続品「レンフレクシス」を米国市場で販売できることになった。米食品医薬品局(FDA)が22日、「レンフレクシス」に対する許可・販売を承認したのだ。バイオ後続品とはオリジナルバイオ医薬品の特許期間が終わった後にこれをまねて作った同様の効能を持つ複製薬だ。サムスンバイオエピスのパートナー企業でグローバル製薬会社のメルクが米国市場でレンフレクシスの販売を担当することになる。

  FDAがバイオ後続品に対する販売を承認したのは今回許可したレンフレクシスが6番目。それだけバイオ後続品に対する許可障壁は高い。FDAの韓国企業のバイオ後続品承認はセルトリオンの「レムシマ」に続き2番目だ。

  1年前の昨年4月にFDAから販売許可を受けたレムシマは同年11月に米国市場で「インフレクトラ」という名前で発売された。インフレクトラはレミケードより30%安いという点を掲げ発売1カ月で45億ウォンの売り上げを達成した。インフレクトラの販売は多国籍製薬会社のファイザーが担当している。サムスンバイオエピスのレンフレクシスの価格はまだ公開されていない。

  世界のバイオ後続品市場でサムスンバイオエピスとセルトリオンが激しい競争を行っている。両社は当初からバイオ後続品市場に進出し韓国市場ではなく海外市場を狙ってきた。どのような成分のバイオ後続品を開発するかももちろん重要だ。しかし時にはどの国に先に製品承認を申請するか、あるいはどれだけ短期間で製品の承認を受けるかによって悲喜が交差したりもする。サムスンバイオエピスとセルトリオンが参入するとオリジナル薬のレミケードを作ったヤンセンの親会社ジョンソン・エンド・ジョンソンは緊張した様子だ。ジョンソン・エンド・ジョンソンは今年初めの業績発表で「2017年にレミケードの米国市場でのシェアが10~15%ほど減るかもしれない」と懸念したりもした。

世界のバイオ後続品市場で韓国企業同士が角逐(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事