【コラム】朴大統領の運命(1)

【コラム】朴大統領の運命(1)

2017年03月02日14時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  弾劾舞台が幕切れとなっている。大詰めまで10日程度だ。憲法裁判所は朴槿恵(パク・クネ)大統領の運命を決める。朴大統領の政治的人生の明暗が分かれる。彼女の人生は浮沈と波乱だ。栄辱と盛衰がかわるがわるやってきた。彼女の19年にわたる政治人生も極端に交差してきた。賛辞と蔑視、幸運と不運が交錯した。

  朴大統領は「私の人性は一言で闘争」といった。若い時代の彼女の日記だ。彼女は自身の方式と言語で世の荒波をくぐり抜けてきた。だが、彼女は闘争できない。彼女は審判の対象だ。破局、それとも起死回生の局面に立たされている。恨みも後悔も無駄な状況だ。

  彼女に残っている選択肢はある。「弾劾審判前の下野」だ。だが、今は潜在的な効力は微々たるものだ。それは米ニクソン元大統領の方式だ。1974年、ニクソン元大統領は権力の座から退いた。弾劾決定の直前だ。その後、フォード元大統領(副大統領として継承)はニクソン氏を赦免した。ニクソン氏は政治的名声の回復に出た。それは自身の業績を再評価する作業だ。それで下野の不名誉を相殺しようとした。

  カリフォルニア州ヨーバリンダ(ロサンゼルス近隣)にニクソン博物館がある。中国と外交関係正常化、アポロ11号の月面着陸は彼の業績だ。展示場に行くと、その証拠を目にすることができる。だが、闇の原罪は洗われない。ニクソン氏は権力乱用と策略の象徴として覚えられている。ハリウッド監督は、その集団記憶を映画で絶えず生産している。ニクソン氏の下野は死即生の試みだった。だが、その方法はまともに働かなかった。彼の死後23年になるが、限界は明確だ。

  文在寅(ムン・ジェイン)氏の野党は「弾劾決定前の下野」をその場限りの策略と位置づけた。罷免を回避しようとする術策と釘をさす。青瓦台(チョンワデ、大統領府)も下野説を否定している。そのカードはタイミングを逃した。韓国の大統領文化は不毛だ。今の下野は事情変更に導くことは難しい。その案は憲法裁判所が認める罷免と似ている。弾劾を認めれば、光化門(クァンファムン)広場をろうそくの歓声が覆うだろう。賄賂被疑者「民間人の朴槿恵」に対する検察捜査が続くだろう。三一節(独立運動記念日)の光化門広場に「朴槿恵拘束万歳!弾劾認容万歳!」という大型スローガン板が目を引く。

【コラム】朴大統領の運命(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事