韓経:韓米、合同演習をめぐり温度差…南北首脳会談の変数になる可能性も

韓経:韓米、合同演習をめぐり温度差…南北首脳会談の変数になる可能性も

2018年03月09日10時38分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
5~6日に対北朝鮮特別使節代表団として平壌に行ってきたチョン・ウイヨン青瓦台国家安保室長(右)と徐薫国家情報院長(一番左)が8日、仁川国際空港を通じて米国に出国している。
  平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で延期された韓米合同演習をめぐって韓国と米国の間に微妙な温度差が察知されているという見方が出ている。米国では韓米演習の規模を縮小しないだろうという報道が続いている一方で、韓国では韓米演習の規模を縮小する必要があるという声が出ている。国防部は冗談の意味だと釈明したが、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官が米太平洋艦隊司令官に韓米演習に戦略資産が来なくてもかまわないと話した。来月再開される韓米合同演習は「韓半島(朝鮮半島)の非核化問題を議論するために米国と虚心坦懐に話し合う用意がある」と明らかにした金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の「真正性」が問われる初めての試験台になるだろうという分析がある。

  ◆「来月1日に合同演習開始」

  米NBCとCNNなどは7日(現地時間)、複数の米国防総省関係者の発言を引用して「韓米軍事当局が平昌五輪のために先送りしたフォールイーグルを31日(韓国時間4月1日)に大規模で再開することで合意した」と報じた。フォールイーグルは韓米軍が兵力と装備を動員して動く野外起動演習で、31日から5月まで行われる。キー・リゾルブはコンピュータシミュレーション中心の指揮所演習で4月中旬から4月末まで続くとNBCなどは伝えた。

  韓米両国は北朝鮮が4回目の核実験とミサイル挑発を強化した2016年からキー・リゾルブとフォールイーグルの規模を拡大した。2015年フォールイーグルに3700人の米軍が参加したが、2016年に1万7000人に急増した。昨年のフォールイーグルには米軍1万人余りが参加した。米国は2016年からキー・リゾルブとフォールイーグル期間に原子力空母、長距離戦略爆撃機など戦略資産も韓半島に大量に出撃させた。

  だが、今年は平昌五輪によって雰囲気が変わった。まず、毎年3~4月に実施されるフォールイーグルおよびキー・リゾルブを平昌五輪以降に延期し、演習規模も縮小する可能性があるという見方が出ている。金正恩氏が5日、対北朝鮮特別使節団に「韓米演習を例年水準で行うのは理解できる」としたが、米軍の戦略兵器が韓半島に展開されれば会談の雰囲気が冷え込む可能性もある。米国防総省のクリス・ローガン東アジア太平洋担当報道官はこの日「韓米演習に対する具体的な情報は平昌パラリンピック以降に公開する予定」として即答を避けた。

  ◆「合同演習の時に原子力潜水艦要らない」

  宋長官は8日、訪韓中であるスコット・スウィフト米太平洋艦隊司令官(海軍隊長)に韓米演習の時に原子力潜水艦や拡張抑制戦力が来なくてもかまわないという意思を伝えた。国防部は宋長官のこのような発言がねぎらいの意味の冗談だと釈明したが、南北首脳会談を控えて韓米合同演習の規模や程度に対する韓国政府の思惑が込められたのではないかという見方もある。宋長官はスウィフト司令官に「4月末に南北首脳会談が開かれる予定で、キー・リゾルブおよびフォールイーグルが続くはずだが、拡張抑制戦力や原子力潜水艦のようなものを司令官としておられる時までは韓半島に展開しなくてもかまわない」と強調した。これに対してスウィフト司令官が「準備しておく」というと、宋長官は「いや、韓半島に来なくても…」と応酬した。

  李鍾ソク(イ・ジョンソク)元統一部長官もこの日、国会で開かれた「平昌五輪以降南北関係の改善案を立てるための討論会」に参加して南北首脳会談を成功させるために韓米演習の規模を縮小しようと提案した。李元長官は「北朝鮮が韓米演習に対して大丈夫だといっただけに訓練規模を縮小したりしても北朝鮮から圧力を受けたからではないため、文大統領が南北首脳会談で相当な力を得るだろう」と展望した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事