ポスト・ヨン様? 日本の韓流熱気の中心に俳優パク・ボゴム

ポスト・ヨン様? 日本の韓流熱気の中心に俳優パク・ボゴム

2018年02月07日16時00分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のパク・ボゴム
  俳優パク・ボゴムが日本の韓流の中心に浮上した。

  韓国ドラマ『雲が描いた月明り』は昨年11月20日から日本地上波放送局テレビ東京の「韓流プレミア」で放送された。韓国放映終了直後、日本のKNTVとCSチャネル衛星劇場で放送されたことに続く地上波放送となり、これで3回目となる。毎週平日午前の放送にもかかわらず認知度をじわじわと上げ、DVDとしても発売されて熱を帯びた人気を博していた。パク・ボゴムは1本のドラマで俳優ペ・ヨンジュンの後に続く次世代韓流スターに浮かび上がった。

  日本現地には公式ファンクラブが結成されるほど多くの熱烈ファンを抱えている。パク・ボゴムは昨年12月24日、東京で1万人規模のファンミーティングを開催した。2016年の『雲が描いた月明り』終了以降、慎重に次期作選びを進めているパク・ボゴムは、ドラマ出演の代わりにKBS(韓国放送公社)第2テレビの音楽番組『ミュージックバンク』の海外ツアーMCとファンミーティングを通じて海外ファンと積極的に交流している。

  そうした中、JTBCのリアルバラエティ番組『ヒョリの民宿2』のアルバイトスタッフとして電撃合流した。ドラマや映画ではなくリアルバラエティを通じて素の自分を紹介していく予定だ。パク・ボゴムの参加放送分が本格的に放映された後は日本での韓流がさらに加熱する兆しだ。

  日本芸能界に詳しいある関係者は「パク・ボゴムはすでに日本で『ポスト・ペ・ヨンジュン』と呼ばれている。『雲が描いた月明り』に続いて『冬のソナタ』のようなドラマがもう1本あれば、韓流ブームはさらに熱くなるだろう」と予想した。特に、日本文化の特性上、既婚男性に対しては控えめに反応する傾向があるため、俳優ソン・ジュンギのファンダムをパク・ボゴムが越えた状況だ。この関係者は「パク・ボゴムの韓流ファンダムは急速に広がっている。ファンミーティングで東京アリーナを満員にできる唯一無二のチケットパワーを誇る俳優」とコメントした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事