<慶州地震1年>家族の人数に合わせ「防災バッグ」を玄関に置いて生活=韓国(1)

<慶州地震1年>家族の人数に合わせ「防災バッグ」を玄関に置いて生活=韓国(1)

2017年09月13日14時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「慶州9・12地震」発生1年を一日前に控えた11日、慶北慶州市沙亭洞のある住宅が地震の被害でつぶれたまま、1年が過ぎても放置されている。外国人観光客がつぶれた韓国式家屋の前を通っている。
  慶北慶州市(キョンブク・キョンジュシ)の路東洞(ノドンドン)に住むユン・ヒョンスンさんは玄関のゲタ箱の中に赤色のリュックサックを家族の人数に合わせて備えている。リュックサックの中にはミネラルウォーターと戦闘食糧・懐中電灯・ヘルメット・ラジオなどが入っている。いわゆる「防災バッグ」だ。

  ユンさんは12日「誰かは『まだ地震の恐怖から抜け出せていないのか』というが、いつ地震が起きるか分からないから家族を守られる手段が必要だと考えた」と話した。彼は昨年9月12日を思い出すと今でも気をもんでいる。退勤後、帰宅する時に強い振動(午後7時44分5.1地震)を感じたことに続き、家でもう一度強い振動(午後8時32分5.8地震)を体験した記憶のためだ。ショーケースにあった物が落ち、スマートフォンまで使えなくなると彼は「死ぬかもしれない」と考えた。

  昨年9月、慶州市南南西8.7キロメートル地域でマグニチュード5.8の強震が発生して以来1年が過ぎた。この地震は韓国で計器観測を始めて以来最も強力だった。地震で54世代111人の被災者が発生した。財産の被害額は6市道で計110億2000万ウォン(約10億7600万円)、慶州市だけで92億8400万ウォンと集計された。震源地だった慶州市内南面(ネナムミョン)ではまだ所々ひびが入った塀やつぶれたまま放置されている瓦屋根が見当たる。

  内南面のある食堂を運営するキムさんは「地震直後、2~3カ月間部屋のドアが閉まる音が少しでも大きいとびっくりしたが、今はある程度落ち着いた状態」と話した。

  9・12地震以降、現在まで634回の余震が続いた。今、慶州市民はかなりの余震にも驚かないほど地震に慣れた。内南面のイ・ドンミョン副面長は「住民たちは日常生活ができないわけではないが、いつどこで地震が発生するかもしれないという考えを常に持っている」と伝えた。

「ガラパゴス」北朝鮮…国際制裁で封鎖された孤島(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事