【時論】韓国の少子高齢化…日本を見よう(1)

【時論】韓国の少子高齢化…日本を見よう(1)

2013年05月09日10時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近日本の著名ジャーナリストの船橋洋一氏が設立した日本再建イニシアチブ財団は、「日本最悪のシナリオ 9つの死角」という本を刊行した。日本が直面している9つの主要安保危機を分析したが、そのうちのひとつに「人口衰弱」を挙げた。仮想シナリオだが少子高齢化により日本社会で世代対立が深まり、2050年には若者が福祉費用の大部分を受領する高齢層に対する不満からテロを敢行する極限状況を想定している。出生率が落ち若者は減っているのに寿命が延び高齢者が増加することで政治・経済・社会・安保など多様な方面に深刻な弊害をもたらす重大な構造的問題という話だ。

  すでに日本は2007年に65歳以上の高齢者が20%を超える超高齢社会に進入した。日本の国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2040年に日本の高齢化率は2011年の23.3%から36%に増えることになる。特に農村の場合は40%を超えさらに深刻だ。高齢者1人を2人が養わなければならないという話だ。日本は高度成長の主役である団塊世代(1947~49年のベビーブームに生まれた世代)が引退する時期に差し掛かり、さらに速いスピードで灰色社会になりつつある。特に高齢化は世代間の富の偏在、消費減少、福祉費用増加などを招く。若い世代の出生率を下げ高齢化をさらに促進する悪循環構造に陥ることになる。少子高齢化は日本がこの20年間に経験したデフレの主犯のひとつとされる。所得が高い高齢層は老後への備えで消費せず、結婚や育児など消費が最も必要な若い層は使う金がないという不均衡で内需沈滞をもたらすためだ。

【時論】韓国の少子高齢化…日本を見よう(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事