輸出を念頭に4500億ウォン投入の韓国型磁気浮上式列車…誰も買わず(2)

輸出を念頭に4500億ウォン投入の韓国型磁気浮上式列車…誰も買わず(2)

2018年02月07日15時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国浦東空港から上海まで運行する時速400キロ台の超高速型磁気浮上式列車(中央フォト)
  専門家らは最初のボタンを掛け違えたと指摘している。ソウル科学技術大のカン・スンピル教授は「磁気浮上式列車は摩擦力がなく一般列車より高速で走行できるというのが長所だが、都心型の中低速列車を開発するという概念からして間違っている」と批判した。続いて「磁気浮上式列車は他の軽電鉄に比べて互換性も落ち、商用化が容易でないという短所がある」と述べた。

  韓国鉄道技術研究院のクァク・ジェホ博士も「超高速でもなく中低速の都心型という開発コンセプトは、競争力と商用化の可能性などから誤って設定された企画」と指摘した。日本は超高速磁気浮上式列車開発に集中し、試験運行で時速600キロを超えた。

  試験路線を流動人口が少ない仁川空港の前に決めたことに対する批判もある。韓国交通研究院のキム・ヨンギュ博士は「事業初期に磁気浮上式列車試験路線の誘致を申請していた大田、大邱(テグ)など都市地域に試験路線を建設していれば効果の検証や広報などではるかに良かったはず」とし「現在は観光用以外の何ものでもない」と話した。

  キム博士は「海外の状況を見ても輸出の可能性は低い」とし「今後、多くの費用が投入される研究・開発(R&D)をする時は国内外の実情などを総合的に考慮して選択と集中をする必要がある」と指摘した。

輸出を念頭に4500億ウォン投入の韓国型磁気浮上式列車…誰も買わず(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事