<フィギュア>ヨナに続くクイーン争奪戦…浅田はホームで名誉挽回狙う(2)

<フィギュア>ヨナに続くクイーン争奪戦…浅田はホームで名誉挽回狙う(2)

2014年03月26日10時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
浅田真央(24・日本)
  ソトニコワに代わってロシア代表として出場するアンナ・ポゴリラヤ(16)もダークホースだ。昨年、ジュニア世界選手権3位に上がった後、今年のシーズンで成人舞台にデビューした。ポゴリラヤは昨年11月、中国北京で開かれたグランプリ3次大会カップ・オブ・チャイナでショート・フリー合計178.62点を記録し、ソトニコワ(174.70点)、コストナー(173.40点)を抜いて1位となった。ソチオリンピックには出場できなかったが、1998年生まれの同い年のリプニツカヤとともにロシアのフィギュアの未来として挙げられる。

  ソチオリンピックで、合計198.22点で6位に終わった浅田真央(24・日本)は世界選手権で名誉回復を狙う。「全てが終わった後、気持ちを整理してから考えたい」と引退に対する言葉を控えたが、今回の大会がフィナーレ舞台になる可能性が高い。2008年、2010年の二度、世界選手権のトップに立った浅田は「オリンピックでショート・プログラムのミスでメダルを獲得できず、悔しくて申し訳ない気持ちだ。ショートもフリーも完ぺきな演技をしたい。(私を応援してくれたファンに)感謝の気持ちを込めて演技する」と話した。韓国はキム・ヨナとともにソチオリンピックに出たキム・へジン(17・果川(クァチョン)高)、パク・ソヨン(17・シンモク高)が出場する。

<フィギュア>ヨナに続くクイーン争奪戦…浅田はホームで名誉挽回狙う(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事