米紙「FTAで韓国がより多くの譲歩を約束」

米紙「FTAで韓国がより多くの譲歩を約束」

2010年08月24日11時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   オバマ米大統領が李明博(イ・ミョンバク)大統領から韓米FTA(自由貿易協定)に関し「より多くの譲歩(more concessions)をする」という約束を受けたと、ワシントンポスト紙が23日(現地時間)報じた。

  同紙はこの日、1面と10面に掲載した「米国の国政アジェンダに復帰した韓国との自由貿易協定」と題した記事で、「オバマ大統領が輸出拡大と雇用創出を最優先政策課題に設定し、韓米FTAがオバマ政権の国政アジェンダに再浮上した」と分析し、このように伝えた。

  同紙は「オバマ大統領が(米国の)中間選挙が終わった後、11月に(ソウルで開催されるG20首脳会議で)韓国指導者と会う際、(韓米FTAの)修正や改正問題を議論することを希望している」と付け加えた。

  これに先立ち、オバマ大統領は6月にカナダで行われた韓米首脳会談で、韓米FTA批准問題に関し、11月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに主要争点を整理し、来年初めに議会の批准同意を受けるという日程を提示している。

  これに対しワシントンの駐米韓国大使館側は「新聞が‘譲歩’と表現した部分は自動車と牛肉問題に関して対話が可能という韓国側の立場を自分たちで解釈してそう書いたようだ。韓米FTAと関連し韓国側はいかなる譲歩も約束したことはない」と反論した。

【ホットクリック】

・安商守議員「北朝鮮にコメ支援を」…統一部「検討する計画ない」
・韓人牧師、銃で撃たれ死亡/フィリピン
・乙支演習「ウォーゲーム」…北の侵略で初日に南側10万人死傷
・勉強させてもらえず胸や尻を露出させられるアイドルたち
・双竜車買収のマヒンドラ副会長「CEO含む経営陣の大半を韓国人に」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事