日本法科大学院、定員自ら減らし本格化

日本法科大学院、定員自ら減らし本格化

2008年12月08日12時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  スタート5年目を迎える日本法科大学院が定員削減など画期的な改革案用意に乗り出したと朝日新聞が6日、報道した。

  2004年に初めて設立された74の法科大学院のうち、46か所が定員割れの事態となり、司法試験合格率は平均33%にすぎない成績表のためだ。

  文部科学省諮問機関である中央教育審議会が10~11月の全国法科大学院を調査した結果、74カ所のうちの19カ所が2010年度から入学定員を削減することにした。49カ所も定員削減を検討しており、全体の90%が入学定員を減らすものと観測された。特にこれらのうち福岡市は来年度の新入生定員を50人から30人と40%も減らすこととした。現在、定員を維持するという6校はすべて私立だった。法科大学院は入学定員削減以外にも、学生の成績管理を強化して優秀教員確保など多様な計画を推進している。新入生選抜時の最低合格ベースラインを用意して定員割れを理由に資格のない者たちが入学することを阻もうとするという学校もあった。しかし別の学校との統廃合を推進するという法科大学院はなかった。

  日本法科大学院が危機に立たされたには最初の入学定員を15~20校4000人台と制限しようとしていた政府の方針が、各地域大学の激しい反発に遭い、74校5800人と大幅に増えたことに始まった。都市大学と名門法科大学院に優秀学生と教授たちが流れ、2006年から実施された新しい司法試験では合格率が3%にすぎない大学まで出た。9月に発表された今年の司法試験平均合格率は33%だった。このため法科大学院入学志願者は毎年減少する状況だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事