【グローバルアイ】金正恩委員長が東京に来る

【グローバルアイ】金正恩委員長が東京に来る

2018年06月19日08時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が7月24日、東京オリンピック(五輪)開会式に出席した。金委員長は安倍晋三首相と首脳会談を行い、日朝国交正常化に対して意見を交わした。引き続き選手村を訪問し、南北合同チーム選手団を励ました後、朝鮮文化芸術会館で朝鮮総連メンバーが用意した歓迎行事に参加した」--。

  2020年東京五輪に金委員長が来るという仮定のもとに書いてみた記事だ。全くでたらめな小説のように見えるが、最近の金委員長の活発な外交活動を振り返ってみると、必ずしも夢物語になるとは言い切れない。

  実際、金委員長が東京訪問を望んでいるという話も聞こえる。今のような韓半島(朝鮮半島)和解ムードが続くなら、東京五輪で南北合同チームを結成できる確率は相当高い。平昌(ピョンチャン)冬季五輪の時よりも選手団の規模も大きくなる。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の横に並んで立ち、南北合同チーム選手団に手を振る「絵」を、金委員長は思い描いているかもしれない。板門店(パンムンジョム)・シンガポールで演出した「正常国家」指導者のイメージを全世界に発信する「絶好の機会」でもある。

  日本はこれをどのように受け入れているだろうか。日本政府関係者たちは皆、「ありえる話」という準備された反応だった。北朝鮮問題に精通したある政府関係者は「北京・シンガポールにも行ったが、東京だからと言って来れない理由はない。金委員長の訪日で日朝関係が急進展するかもしれない」と述べた。日朝首脳会談を必ず平壌(ピョンヤン)やらなければならない道理もないとの言葉も付け加えた。

  金委員長がスポーツ行事を契機に日本を訪れるなら負担は軽い。ついこの前まで頭上にミサイルを撃った国の指導者を今すぐ招待するのは世論の負担が大きいためだ。日朝が修交関係を結ばなくても、閣議を経れば金委員長の入国は可能だ。北朝鮮スポーツ選手団が国際大会に参加した前例を適用すれば問題ない。

  安倍首相は米朝首脳会談以降、北朝鮮に対する態度を180度変えた。「金委員長には指導力がある。新たなスタートを切ろう」(18日の国会決算委員会)と述べて連日ラブコールを送っている。だが、9月の自民党総裁選挙を控えて支持率を引き上げるための作業であるということを国民も皆知っている。

  安倍首相と金委員長の前には「拉致問題」という大きな川が横たわっている。日朝首脳会談が実現するためには、いつかはこの川に橋をかけなければならない。互いの体面を引き上げる折衷点を求めるための作業は先が長い。成功するなら、2020年金委員長は29年ぶりに東京を再び訪れることになるだろう。記録によると、1991年ブラジル偽造パスポートで入国した当時、金委員長は満7歳だった。指導者になった「36歳金正恩」が東京で何を見て感じるのか気になる。

  ユン・ソリョン/東京特派員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事