【グローバルアイ】日本の今年の流行語「忖度」…官僚の態度が話題

【グローバルアイ】日本の今年の流行語「忖度」…官僚の態度が話題

2018年05月15日10時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  忖度(他人の心をおしはかること)という言葉は日本で2017年の「今年の流行語」に選ばれた。もともとは良い意味だったが、加計・森友学園スキャンダルに関連して使われながら否定的な意味に変わった。

  最近、日本の政界では新しい次元の「忖度」が出てきている。誰がうまく忖度するかを見せるかのように官僚の態度が話題になっている。最近新しく登場した人物は柳瀬唯夫・経済産業審議官だ。日本の省庁で審議官は事務次官に次ぐ「ナンバー3」にあたる。

  問題の発端は3年前、彼が首相秘書官をしていた時期に遡る。彼が加計学園の獣医学部新設問題に関し「首相案件」として事業の推進に圧力を加えたという会議の資料が発見された。当初は「会議をした記憶はない」と話していたが、世論が悪化すると「会議に参加したという側に記憶を調整」することになった。しかし国会に出席して「相手が10人もいて誰か思い出せない。名刺も残っていない」と述べ、不利な記憶には依然としてとぼける姿を見せた。

  それから反転があった。当時の会議に出席した愛媛県の公務員が柳瀬秘書官から受けた名刺を公開した。名刺には赤いインクで会議の日が鮮明に書かれていた。几帳面な地方公務員は柳瀬秘書官が経済産業省出身ということまで書いていた。忖度しようと調整された「記憶」が末端公務員の「記録」の前で崩れた瞬間だった。

  このような場面が珍しく感じないのは、わずか2カ月前の佐川宣寿・国税庁長のケースとあまりにも似ているからだ。国有地格安売却疑惑について「記録がない」という言葉を繰り返していた彼は、年初に財務省の文書書き換えが発覚して嘘がばれた。

  2人とも謝罪しながらも、なぜ嘘をついたのか、誰の指示かについては口を閉じた。最後まで政権に「忖度」をした点も全く同じだ。

  ジャーナリストの青木理氏は「国民から選ばれた政権に忠誠をつくすことが本来の官僚の責務だが、今は(政権に)忠実であるほど国民を欺く結果を招いている」と指摘した。政権と国民がかい離したことで発生した矛盾だった。

  一見、日本の国民は政権の不条理によく我慢しているように見える。しかしあれほど強固だった権力にも綻びが表れている。「ろうそく集会」のような目に見える形で表れていないだけだ。地域有権者に会った与党国会議員は「あなたも安倍政権と一緒か」という言葉を聞いて衝撃を受けたという。「これが国か」という嘆声はあちこちから出ている。

  ユン・ソルヨン/東京特派員
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事