韓経:韓国政府、WTOに米国の洗濯機・太陽光セーフガードを提訴

韓経:韓国政府、WTOに米国の洗濯機・太陽光セーフガードを提訴

2018年05月15日10時08分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府が韓国製洗濯機と太陽光製品に対する米国の緊急輸入制限措置(セーフガード)は不当だとして世界貿易機関(WTO)に正式に提訴した。

  産業通商資源部は14日、大型家庭用洗濯機と太陽光電池・モジュールを対象にした米国のセーフガードがWTO協定に反するとしてWTO紛争解決手続きに回付した。WTO紛争解決手続きの最初の段階である2国間協議要請書を米国政府に送付する一方、関連内容をWTO事務局に通知した。

  韓国政府は今回の提訴に先立ちセーフガードで予想される輸出被害補償を米国に要請したが受け入れられなかった。先月6日には米国製輸入品に年間4億8000万ドルの譲許停止(縮小したりなくした関税を再び賦課)をするとWTOに通知した。譲許停止のような貿易報復措置はセーフガード発動後3年が過ぎれば可能だが、裁判で勝訴すればすぐに施行できる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事