不倫・パワハラ・セクハラ・同性性暴行…修羅場の韓国映画界

不倫・パワハラ・セクハラ・同性性暴行…修羅場の韓国映画界

2018年02月07日15時32分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ホン・サンス監督(左)とキム・ギドク監督。
  「幻滅だ」。

  最近、映画関係者が集まりさえすると約束でもしたかのように吐露する言葉だ。紳士的な映画界? 昔の話だ。沈黙が与えた、ショーウィンドーのイメージだった。「想像以上」の衝撃的な事件事故は映画界で広がっている。まるで修羅場だ。

  不倫から始まり監督のパワハラ、セクハラに飽き足らず、同性性暴行という歴代級の事件まで起こり、韓国映画界には大きな波紋が広がっている。ホン・サンス監督と女優キム・ミニの不倫告白に勝るイシューは空前絶後のものと思われていたが、事実上、プライベートな不倫よりも映画界全般の問題として刻印された同性性暴行の影響のほうが強い。

  キム・ギドク監督の暴行と強圧的なディレクティングに対する女優Aの暴露、イ・スソン監督と女優クァク・ヒョンファの法的攻防、俳優チョ・ドクジェと女優Bの泥沼戦などはすべて「性」が問題化した事件だ。これらの事件は韓国内でもいわゆる「#MeToo」運動の活性化に輝かしい功(?)を立てた。

  「#MeToo」運動は、昨年ハリウッド有名プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインのセックススキャンダルから始まった。だが、韓国内ではすでに2年前から文化界全般に広がっていた性暴行事件告発運動があった。ハリウッドの影響を受けたというよりも、自分たち内部の問題が腐って噴出したとみるべきだ。特に、最近ソ・ジヒョン検事の暴露が国内の「#MeToo」運動への参加に核心的な役割を果たしている。ここに同僚の同性監督から性暴行の被害を受けた監督が内幕を暴露しながら映画界がひっくり返るほどの大騒ぎになっている。

  最も大きな問題は、これまで事件を起こした加害者側に対する強制的措置が何もなかったということだ。法の枠を離れて映画界内の自浄作用が必要だったにもかかわらず、これを覆い隠そうと汲々としていた。女性監督A事件が注目される理由は、映画界が初めて加害者に「除名」と「受賞剥奪」という超強気の態度で臨んだためだ。

  同性性暴行の主犯女性監督Aは約2年にわたる裁判の末、昨年12月最高裁判所から準類似強姦で懲役2年・執行猶予3年・性暴行教育40時間履修を命じる判決を受けた。前後関係を確認した韓国映画監督組合と女性映画関係者会は5日、組合員除名と今年の女性映画関係者賞受賞の剥奪を公表した。

  6日、映画振興委員会は内・外部人員を含む調査団を通した真相調査着手の計画を明らかにした。映画振興委員会側は「女性監督Aだけではなく、関連人物と責任者に対する全般的な調査が実施される。再発防止のための対策議論も並行していく予定だ」と明らかにした。

  これと関連して被害監督側は韓国ニッカンスポーツに対し「望ましいことだと考える。素早い対処に感謝する。加害者の直接的な謝罪は依然としてないが、今回の事例を機に再び同じようなことが起きないことを願う」という追加の立場を伝えた。

  女性監督Aと被害監督を脅迫・懐柔したとされる韓国映画アカデミー(KAFA)所属の指導教授は、一週間にわたりこの件に関して一切ノーコメントを通している。

  韓国映画界の事情に詳しい関係者によると、女性監督A事件が公になった後、似たような事件の被害者の告発が相次いでいるという。そのため、映画界内からも関連法律に対する明確な認識とあわせて対処体系が確立されるべきだとの声が高まっている。

  ある関係者は「映画界内の性問題イシューは昨日今日のことではない。『もう沈黙は答えではない』という雰囲気が広がることだけでも肯定的な変化を予想させる」とし「事件が発生した時だけ瞬間的に注目するのではなく、当面の変化に困難を伴っても長期的な関心が必要だ。『慣例』という単語が悪用されることはあってはならない」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事