北朝鮮兵士1人、板門店で亡命…銃で撃たれ負傷

北朝鮮兵士1人、板門店で亡命…銃で撃たれ負傷

2017年11月14日08時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮兵士1人、板門店で亡命…銃で撃たれ負傷
  共同警備区域(JSA)を通じて北朝鮮兵士1人が亡命した。この過程で北朝鮮軍による銃撃も受けた。JSAで「銃声」が響いたのは1984年以来33年ぶりだ。

  韓国の合同参謀本部は13日午後3時31分ごろ、北朝鮮兵士1人が板門店(パンムンジョム)JSA南側「自由の家」方向に亡命したと明らかにした。発見当時、亡命兵士は肩やひじを銃で撃たれて負傷していた。発見場所は軍事境界線(MDL)南側50メートル地点で、JSA内の南北間接触が行われてきた「自由の家」北西側だった。合同参謀本部は亡命現場を目撃した韓国兵士はいないと明らかにした。ただ、銃撃は北朝鮮軍の内部で発生したと推定している。

  韓国軍と北朝鮮軍は休戦協定に基づきJSAで有効射程距離50メートル程度の拳銃だけを携帯できる。亡命した兵士が倒れた地点を勘案するとJSA北側地域で銃撃が発生したようだと、合同参謀本部は説明した。

  合同参謀本部の関係者は「北側にある板門閣の哨所付近から数発の銃声が聞こえ、警戒態勢を高めたが、北の亡命兵士が血を流して倒れているのを発見した」とし「亡命の過程で北の軍との交戦はなかった」と伝えた。続いて「南側地域に弾丸が越えてきた被弾の跡も見られなかった」と話した。

  板門店の警備を担当してきた韓国軍兵士は地面を這いながら亡命兵士に近づき、午後3時56分ごろ身柄を確保し、安全地域に移した。亡命兵士は国連軍のヘリコプターで亜洲大病院で運ばれ、銃傷専門のイ・グクジョン外傷外科教授が亡命兵士の治療をした。

  亡命兵士は男性で、下級兵士の軍服を着ていて、武装はしていなかったという。政府は応急治療が終わりしだい、亡命の動機を調べる計画だ。軍当局は北朝鮮の挑発の可能性に備えて警戒態勢を強化した。

  韓国軍はJSAで南北にまたがる中立国監視委員会会議室の周辺を警備できる。しかし実際には貴賓や観光団がJSAを訪問する場合に限り警戒し、そのたびに北朝鮮軍側も出てくるという。平時はほとんど哨所勤務だけをする。亡命当時に目撃した韓国軍がいなかった理由だと、軍当局は説明した。

  板門店での銃撃事件は84年11月23日以来33年ぶりとなる。当時、ソ連(ロシア)国籍のワシリー・ヤコブルレビッチ・マトジョクさんが板門店北側地域を観光中に突然亡命すると、北朝鮮軍側が警告射撃をした。マトジョクさんが警告射撃にもかかわらず南下を続けると、北朝鮮兵士は軍事境界線を越えた。これに国連軍が対応し、30分以上にわたり南北間の銃撃戦が続いた。この過程でKATUSA(在韓米軍基地派遣の韓国兵)1人が死亡、米兵1人が負傷したが、北朝鮮軍側の被害は確認されなかった。マトジョクさんは亡命後、米国に渡った。

  北朝鮮兵士は出身成分が良く透徹した思想を持つ人員を選んでJSA警備兵力として投入する。にもかかわらず金泳三(キム・ヨンサム)政権末期の98年2月3日当時、ビョン・ヨングァン北朝鮮軍上尉(大尉)がJSAを越えた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時の2007年にもJSA警戒兵が亡命した。2人とも亡命後に韓国に定着した。今回が3回目のJSA亡命となる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事