「ノーベル賞? 受賞するには韓国はまだ若い」

「ノーベル賞? 受賞するには韓国はまだ若い」

2016年11月07日10時30分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
仏エコール・ポリテクニークのジャック・ビオ学長
  「ノーベル賞を受賞するには韓国はまだ若いです」。フランス工科大学エコール・ポリテクニークのジャック・ビオ学長(64)は韓国からまだノーベル賞受賞者が出ない理由についてこのように述べた。エコール・ポリテクニークはフランス革命直後の1794年に技術官僚の養成を目的に設立された理工系中心の大学で、フランスのエリート養成コースであるグランゼコールの一つだ。

  ビオ学長は「韓国の教育システムはフランスと比較しても絶対水準に差はない。国際学習到達度調査(PISA)等の客観的指標は韓国教育システムのほうが優秀だ。特に、理工系列に対する関心と投資が少なくない」と評価した。また「ノーベル賞受賞者は数十年間にわたって粘り強く研究成果を蓄積してきた人々だが、最近、韓国は科学技術分野に投資をして優れた成果をあげている」とし「韓国も持続的に研究成果を蓄積していけばノーベル賞受賞者が出てくるだろう」と付け加えた。

  ビオ学長はフランス首相室で10年間、産業・技術の諮問役を務めた。ビオ学長は未来社会における大学の役割は学生たちにさまざまな学問を提供することだと強調する。ビオ学長は「未来には科学分野で新しい発見が相次ぎ、技術的にもスケールの大きな進歩があると同時に、既存の産業が没落して新産業が登場するなど混乱が避けられない」とし「大学は幅広い教育を通じて学生たちが広範囲の変化をしっかりと認識できるよう支援しなければならない」と述べた。

  エコール・ポルリテクニークは理工系分野で最高の人材を養成することを目指しつつも、全校学生2879人全員に対して人文学・社会科学関連の講義を一定単位以上履修するよう求めている。ビオ学長は「理科系であっても人文学を必須的に学ぶ必要がある」とし「(人文学は)多様な観点で現象を観察して研究仮説を立てることができるよう挑戦的な姿勢を植え付ける」と話した。

  ルイ・ヴィトンで有名なLVHMグループのベルナール・アルノー会長や放射線を発見してノーベル物理学賞を受賞したアンリ・ベクレルなどが同校出身だ。ビオ学長は今月3日、慶煕(キョンヒ)大との複数学位取得プログラム延長のために訪韓した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事