<大リーグ>柳賢振、韓国人初のオールスター戦先発…1イニング無失点

<大リーグ>柳賢振、韓国人初のオールスター戦先発…1イニング無失点

2019年07月10日11時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
柳賢振(ロサンゼルス・ドジャース)
  柳賢振(リュ・ヒョンジン、32、ロサンゼルス・ドジャース)が韓国人選手では初めてメジャーリーグ(MLB)オールスター戦の先発投手として登板し、無失点投球を見せた。

  柳賢振は10日(日本時間)、米オハイオ州クリーブランドのプログレッシブフィールドで行われた2019メジャーリーグのオールスター戦で1回裏にナショナルリーグの先発投手として登板し、1安打を許したものの1イニングを無失点に抑えた。

  柳賢振はアメリカンリーグの先頭打者ジョージ・スプリンガー(ヒューストン・アストロズ)にセンター前ヒットを浴びたが、2番のDJ・ルメイユ(ニューヨーク・ヤンキース)を投ゴロに打ち取った。続いてリーグで10打数無安打・4三振と徹底的に封じたマイク・トラウト(ロサンゼルス エンゼルス)を二ゴロ、4番打者カルロス・サンタナ(クリーブランド・インディアンズ)を遊ゴロで処理し、失点なくイニングを終えた。

  柳賢振はメジャーリーグのオールスター戦に韓国人で初めて先発登板し、韓国野球史に新たな歴史を刻んだ。アジア投手がメジャーリーグのオールスター戦で先発登板したのは、1995年の野茂英雄(当時ドジャース)に続いて柳賢振が歴代2人目。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事