<平昌パラ>「南北合同入場」白紙化の危機…独島統一旗に異見

<平昌パラ>「南北合同入場」白紙化の危機…独島統一旗に異見

2018年03月09日09時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018年平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピック開会式での南北選手団の合同入場が白紙化の危機に面している。

  大韓障がい人体育会は8日、「江原道(カンウォンド)平昌オリンピックプラザで開かれるパラリンピック開会式での南北共同入場が難しくなった」と明らかにした。当初、南北と国際パラリンピック委員会(IPC)は9日午後8時に開かれる開会式で、南北選手団が共同入場することで合意していた。しかし開会式前日、統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)に独島(ドクト、日本名・竹島)を入れるかどうかの問題をめぐり北朝鮮とIPCの間に異見が生じた。

  北朝鮮は先月終了したオリンピックでも「統一旗に独島を入れてほしい」と繰り返し主張していた。しかしIPCは「オリンピックですでに使われた統一旗のデザインを変更することはできない」と対抗した。大韓障がい人体育会のイ・ミョンホ会長が8日、北朝鮮代表団長のキム・ムンチョル朝鮮障がい者保護連盟中央委員会委員長に会って再度説得したが、北側は立場を変えなかった。キム委員長は「統一旗に独島を入れないのは韓民族の自尊心を傷つけるもの」と主張した。統一部と障がい人体育会は9日午前、北朝鮮関係者に再度会って説得することにしている。

  白地に空色の韓半島(朝鮮半島)が描かれている統一旗は、1991年に日本で開催された千葉卓球世界選手権の時に初めて登場した。当時、南北は韓半島周辺の島のうち、象徴的に済州道(チェジュド)だけを入れた。2003年冬季アジア競技大会(青森大会)の時に、北朝鮮が準備してきた統一旗で初めて独島が登場した。だが、国際オリンピック委員会(IOC)が「統一旗に独島を入れることはオリンピックを政治的に利用する手段になりかねない」と警告してからは「独島のない統一旗」だけが使われるようになった。

  北朝鮮障がい者体育界をよく知る消息筋は「オリンピックとパラリンピックに参加する北朝鮮の立場に変化が生じたものとみられる」とし「北朝鮮は経済制裁を和らげるために平昌五輪に積極的に参加した。そのため統一旗問題に最後まで固執せず、共同入場に合意した」と解釈した。続けて「だが、パラリンピックは選手団規模(20人)が小さく、芸術団や応援団も派遣しない。共同入場よりも民族的自負心を守るほうがよいという判断を下したようだ」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事