<大リーグ>メジャーに進撃する日本、後退する韓国

<大リーグ>メジャーに進撃する日本、後退する韓国

2017年12月11日14時04分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米メジャーリーグで韓国と日本の悲喜が克明に分かれた。今季メジャーリーグの舞台を踏んだ韓国人は6人(ロブ・レフスナイダー除く)。投手が2人(呉昇桓、柳賢振)、打者が4人(秋信守、崔志万、黄載鈞、金賢洙)だ。姜正浩(カン・ジョンホ、ピッツバーグ)は飲酒運転問題でビザが発行されず、、李大浩はKBOリーグ復帰(シアトル→ロッテ)を選択した。朴炳鎬(パク・ビョンホ)までがマイナーリーグのトリプルAで過ごした。そしてコリアンメジャーリーガーが大幅に減った。来季はさらに冷たい風が吹く見込みだ。

  ひとまず選手2人が国内舞台に戻った。サンフランシスコにいた黄載鈞(ファン・ジェギュン)が先月、ktと契約し、1年でKBOリーグへの復帰を決めた。メジャー18試合で打率1割5分4厘(52打数8安打)という成績に終わり、メジャー挑戦をあきらめた。

  続いて朴炳鎬(パク・ビョンホ)もミネソタとの残余契約を解除し、元所属チームのネクセンのユニホームを着ることになった。KBOリーグ史上初めて4年連続で本塁打王になった後、2015年11月にメジャーリーグに進出したが、好成績を残せなかった。昨年62試合に出場し、打率1割9分1厘(215打数41安打)12本塁打をマークしたのがすべてだ。ミゲル・サノ、ロビー・グロスマンなどとのポジション争いで敗れた。契約期間4年を満たせないほど戦力外に分類された。

  金賢洙(キム・ヒョンス、元フィラデルフィア)も国内復帰が有力な状況だ。ウィンターミーティングで「メジャー残留の可能性を確認する」という計画だが、黄載鈞、朴炳鎬のように国内に戻るという見方が多い。LGとの契約説が出ているところだ。崔志万はニューヨーク・ヤンキースを離れ、シーズン後にFA(フリーエージェント)を宣言したが、行き先は決まっていない。

  ベテランの秋信守(テキサス)には絶えずトレード説が出ている。ダラスモーニングニュースは1日、「若い選手たちにチャンスを与えるために秋信守をトレードするべきだ」と主張した。今季は個人タイ記録の22本塁打を放ったが、打率は2割6分1厘に終わった。2000万ドルを受ける高額年俸選手にふさわしくない成績だった。

  日本は雰囲気が違う。まずメジャーリーグFA市場で最も大きな関心を集めた大谷翔平がLAエンゼルス行きを決めた。メジャー30球団が関心を見せるほど「ホットイシュー」となった大谷は、ニューヨーク・ヤンキースやシアトル、テキサスなどの求愛には応じずエンゼルスと契約した。またブルペン投手の平野佳寿もメジャー行きが迫っている。2006年のデビュー以来オリックスでプレーしてきた平野は今季29セーブをマーク、デニス・サファテ(ソフトバンク、54セーブ)、松井裕樹(楽天、33セーブ)に続いてパリーグでセーブ3位となった。デトロイトニュース8日、「平野に関心を見せているチームの一つがデトロイト」と明らかにした。呉昇桓(オ・スンファン)の退団が有力視されるセントルイスも代わりの選手として平野の獲得を検討している。

  アンダーハンドスロー投手の牧田和久(西武)、沢村賞受賞選手の涌井秀章(千葉ロッテ)もメジャー挑戦を宣言した状態だ。すでに2人とも代理人を選任している。「大物」大谷のエンゼルス入団が決まり、牧田と涌井を望むチームも水面上に浮上する可能性が高かった。

  FA市場で注目されている先発投手のダルビッシュ有(元テキサス)、ベテランのイチロー(元マイアミ)もいるため、来季メジャーの舞台を踏む日本人選手は10人前後となる見込みだ。韓国人選手の2倍にのぼる。韓国には冷風が、日本には薫風が吹いている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事