「韓中関係改善の象徴」文大統領の訪中…韓国外交部長官が事前調整

「韓中関係改善の象徴」文大統領の訪中…韓国外交部長官が事前調整

2017年11月14日07時52分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が早ければ来週にも中国を訪問し、翌月に予定された文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中に関連して中国側との調整を行う。

  韓国メディア「聯合ニュース」は、韓国政府関係者の言葉を引用して「康長官が今月15日まで文大統領の東南アジア歴訪に同行した後、早ければ来週中に中国を訪問する日程で中国側と調整している」と13日、明らかにした。

  康長官は訪中すれば北京で王毅・中国外交部長と会い、韓中首脳会談の具体的な日程や議題などを調整するものとみられる。これに先立ち青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「文大統領と習近平国家主席が今月11日にベトナムで開かれた韓中首脳会談で、文大統領の翌月の訪中に合意した」と発表した。

  韓国と中国は10月31日、韓国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)配備とこれに対する中国の報復措置で悪化していた両国関係の改善に向けて合意した。続いて今月11日、ベトナム・ダナンで開かれたアジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議の期間中、文大統領と習主席が首脳会談を開催し、文大統領の12月の訪中を公式化するなど関係改善が加速している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事