現代自動車副会長「車は移動手段を超えた新しい人生の中心」

現代自動車副会長「車は移動手段を超えた新しい人生の中心」

2017年01月06日11時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
現代自動車の鄭義宣副会長が家電見本市「CES」の開幕を一日前に控えた4日(現地時間)、プレスカンファレンスで基調演説を行っている。(写真=現代自動車)
  「2020年までに14種以上のエコカーを発表する」

  現代自動車の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長は世界最大級の家電見本市「CES」の開幕を一日前に控えた4日(現地時間)、米国ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテルの舞台に上がってこのように話した。鄭副会長がCESの発表者として出たのは、この会社が2009年にこの行事を参加して以来初めてのことだ。

  鄭副会長はこの日、発表で「自動車は単なる移動手段を超えて新しい人生の中心に立つもの」とし、未来のモビリティー(移動手段)の3大方向性を提示した。「親環境(Clean Mobility)」や「自由(Freedom in Mobility)」「連結性(Connected Mobility)」だ。鄭副会長は「我々は今、技術融合と超連結性によって実現される新しい時代の出発点に立たされている」とし、「現代車は環境にやさしく、周りのすべての制約から自由で、超連結性を備えた未来のモビリティー開発に研究を注力している」と話した。

  鄭副会長は、まず「汚染物質の排出を画期的に削減できる様々な形のエコカーを開発している」とし、「2020年までにハイブリッド5種、プラグインハイブリッド4種、電気自動車4種、水素電気車1種など計14種以上にエコカーのラインナップを大幅増やす計画」と公開した。鄭副会長は「顧客が希望するいかなるエコカーも提供する準備ができている」と付け加えた。

  この日の行事で本人が直接「アイオニック(IONIQ)」自律走行車を試乗する動画を公開した鄭副会長は「完ぺきな自律走行技術を実現する」と強調した。特に、最小限のセンサーを搭載しただけで様々な突発状況に安全に対応できる「自律走行車の量産化」に焦点を合わせていると紹介した。現代車は3日、国内外の記者を対象にラスベガス市内をアイオニック自律走行車で走る試乗イベントを行い、世界で初めて夜間走行にも成功した。鄭副会長は今回の試乗のために自律走行免許を別途に取得したと明らかにした。彼は、発表の後、試乗感想に関する記者の質問に「雑誌も読んで携帯電話の文字メッセージを確認することができた。他の仕事をすることができ、便利だった」と答えた。連結性は未来の超連結社会でハブの役割を果たす「コネクテッドカー(connected car・自動車に情報通信技術を組み合わせた未来車)」のビジョンだ。今回のカンファレンスでは、コンピュータネットワーク機器開発会社のCisco(シスコ)のジェイムズ・ピーターズ副社長が自律走行と交通案内システム、遠隔車両診断サービスなど現代車とのコラボレーション戦略を明らかにした。

  鄭副会長は2011年に初めてCESに参加し、ここ3年連続でこの行事に参加している。今回初めて発表者として出たのは、それだけ情報技術(IT)業界の祭りであるCESが自動車産業で重要な役割を果たしているという証拠だ。実際に、現代車は今回の行事に歴代最大規模(510平方メートル)の展示スペースを用意した。自律走行だけでなく、コネクテッドカー、ウェアラブル・ロボットまで発表する。

  鄭副会長は一週間後に開かれる「北米国際オートショー」には参加しない計画と伝えられている。国民(ククミン)大学電子工学部のチョン・グミン教授は、これに対して「未来自動車は自律走行や事物インターネット(IoT)、人工知能(AI)などIT技術が中心的な役割を果たすことになるだろう」とし、「CESで世界のメディアや専門家から認められてこそ会社の信頼度が上がることができるため、念を入れている」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事