税収不足で資金不足の韓国政府、福祉公約の出口戦略急ぐ(1)

税収不足で資金不足の韓国政府、福祉公約の出口戦略急ぐ(1)

2013年08月26日08時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  税収不足で“金脈”が干上がった韓国政府が普遍福祉を中心にした大統領福祉公約の出口戦略確保に腐心している。韓国政府核心関係者は25日、「普遍福祉をはじめとする一部大統領選挙の公約に変化があるだろう。今月末に最終決定される基礎年金が(公約構造調整の)試金石になるだろう」と話した。

  基礎年金は当初公約では65歳以上の高齢者全体を対象に月20万ウォンを支給するというものだった。だが、保健福祉部傘下の国民幸福年金委員会は先月17日、「65歳以上の所得下位70~80%の高齢者に最高月20万ウォンを支給(差等または定額)」という側に公約を縮小する最終合意案をまとめた。この方策は今月末に最終決定を控えた状態だ。

  ◇韓国政府関係者「普遍福祉公約に変化があるだろう」

  この関係者は、「大統領の選挙公約を文字通りに解釈しないでほしい。大きな枠組みであいまいになっている公約はもちろん、比較的具体的にされているものも状況によっては柔軟性を持たなければならない」と述べた。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者も、「現実的に大統領の公約を額面通りに現実化するには困難がある」として福祉公約を中心にした公約構造調整を示唆した。

  20日には政府系経済シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)が異例にも政府の無償保育政策を正面批判した。公約家計簿によれば0~5歳の乳幼児を持つ家庭は就職しているかや所得と関係なく、休日の土曜日の8時間を含む週68時間まで保育施設を無償で利用できる。これに対しKDIのユン・ヒスク博士は、「韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国で乳児を持つ女性の保育所利用率が就職率より高い唯一の国。保育・育児教育支援政策方向の見直しは切実だ」と指摘した。KDIの発表は政府と事前に調整した上で出てきた内容である可能性が大きいとの見方があちこちから出ている。

  実際に大統領の福祉公約構造調整は基礎年金案修正のほかにもさまざまな所で感知されている。韓国政府が5月末に発表した公約家計簿によると、3人目の子ども以上に対し大学授業料を全額支援することにし、このために1兆2000億ウォンを追加投入する。だが、12日に発表した高等教育総合発展案からは「全額」という文言が消えた。授業料支援の形式が「普遍」から「選別」に修正されるのを示唆するものだ。

税収不足で資金不足の韓国政府、福祉公約の出口戦略急ぐ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事