文大統領、WTO逆転勝訴に「対応団が大きな役割…訴訟戦略資料に」

文大統領、WTO逆転勝訴に「対応団が大きな役割…訴訟戦略資料に」

2019年04月16日09時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が世界貿易機関(WTO)の日本水産物紛争上訴審(最終審)で勝訴判決を引き出した韓国政府訴訟対応団に祝いの言葉を伝えながら「緻密に準備すれば貿易紛争で勝つことができるという自信を持ってほしい」と述べた。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)副報道官は15日の記者会見で、文大統領が午後の首席・補佐官会議で通商秘書官室から「WTO日本水産物紛争最終判定結果および対応計画」の報告を受け、このように話した、と明らかにした。

  また文大統領は、今後の別の紛争訴訟で参考にするためにも一審の敗訴原因と上訴審で変わった対応戦略など一審と二審を比較分析した資料を残す必要があるとし、検討を指示したという。

  韓国政府は2011年3月の福島原発事故直後に1次輸入規制措置を、原発汚染水発表後の2013年8月に強化した臨時特別措置を施行した。これに対し日本政府は2015年5月にWTOに提訴し、WTOは2018年2月にパネル判定で韓国政府敗訴判定を出した。

  すると韓国政府は訴訟を総括する産業部担当課長に民間通商専門弁護士を特別採用するなど関係部処・専門家が参加する訴訟対応団を構成し、法理的誤謬と日本国内の環境的特殊性を集中攻略する戦略で最終判定を準備した。

  こうした努力の末、WTOは11日、上訴審で一審判定結果を覆し、貿易制限性など実体的な争点ですべて韓国の勝訴となる判定をした。

  高副報道官は「WTO衛生検疫協定紛争でパネル判定の結果が上訴審で覆った事例は初めてという点を勘案すると、今回の判定は前例がない成果と評価される」とし「これを受け、我々の現行輸入規制措置をそのまま維持することになった」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事