アジア・フィルム・アワードで俳優パク・ソジュン-キム・ジェジュンが受賞

アジア・フィルム・アワードで俳優パク・ソジュン-キム・ジェジュンが受賞

2019年03月18日14時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優パク・ソジュン
  韓国の映画監督、イ・チャンドン監督が今月17日午後に香港で開かれた第13回アジア・フィルム・アワード(AFA)で功労賞と監督賞を受賞した。

  18日、外信によると、イ・チャンドン監督はこの日の授賞式で功労賞に続き映画『バーニング 劇場版』で監督賞のトロフィーも手にした。

  イ・チャンドン監督は2008年と2011年にも同アワードでそれぞれ『シークレット・サンシャイン』(作品賞・監督賞)と『ポエトリー アグネスの詩』(監督賞・脚本賞)で2冠を占めたことがある。

  あわせて俳優パク・ソジュンは「ライジングスター賞」を、歌手および俳優として活動中であるキム・ジェジュンは「ネクストジェネレーション賞」をそれぞれ受賞した。

  最優秀作品賞は日本の是枝裕和監督の『万引き家族』が受賞した。

  一方、アジア・フィルム・アワードは韓国と中国、日本、東南アジア、中東などアジア映画を対象にした映画祭で、2007年から毎年3月に香港で開催されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事