韓国国防長官「米原子力潜水艦来なくてもかまわない」…韓米演習縮小の本音バレたか

韓国国防長官「米原子力潜水艦来なくてもかまわない」…韓米演習縮小の本音バレたか

2018年03月09日09時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  8日、宋永武(ソン・ヨンム)韓国国防部長官が4月再開する韓米合同演習で米国が戦略資産を展開しなくてもかまわないという趣旨で発言した。南北が4月末首脳会談に合意することで合同演習の規模と程度などが韓米間重大な懸案に浮上している中で、韓国国防首長が縮小を示唆したかのような発言を行ったわけだ。

  宋長官の発言は5月に離任するスコット・スウィフト米太平洋艦隊司令官(海軍隊長)に会った席で出た。彼は「5月に(退役するスウィフト司令官の)後任者が来る前まで韓半島(朝鮮半島)周辺の多くの変化が予想される。4月末に南北首脳会談がある予定で、『キー・リゾルブ』および『フォールイーグル』が続くはずだが、席をよく守られてほしい」と話した。

  それから問題の発言が出た。宋長官は「その時、拡張抑制戦力や原子力潜水艦のようなものを司令官がおられる時までは韓半島に展開しなくてもかまわない」と話した。これに対してスウィフト司令官が「準備しておく(We will be ready)」というと、宋長官は「いや、韓半島に来なくても…」と話した。

  宋長官の発言をそのまま解説すれば、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)のために一度延期した後、4月に再開することにした合同演習の規模を縮小しようと提案したことになる。合同演習の縮小や再調整はないという米国の立場とは温度差が大きい。米NBC放送などは7日(現地時間)複数の米国防総省関係者を引用して「韓米軍事当局が平昌五輪のために先送りしたフォールイーグル演習を31日(韓国時間4月1日)、大規模で再開することで合意した」と報じた。米国は2016年からキー・リゾルブとフォールイーグルの期間に原子力空母と長距離戦略爆撃機など戦略資産を韓半島に大量に出撃させた。

  特に、政府内外から4月末南北首脳会談を成功裏に行うためには合同演習を縮小する必要があるという声が出ている中で、高位当局者がこのような発言をしたため波紋が起きた。

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の外交安保アドバイザーである李鍾ソク(イ・ジョンソク)元統一部長官はこの日、国会で開かれた討論会で「北朝鮮が韓米軍事演習に対して大丈夫だといっただけに、演習の規模を縮小したりしても北朝鮮から圧力を受けたからではないため、文大統領が南北首脳会談で相当な力を得るだろう」と話した。合同演習の縮小で南北関係の改善を加速化させたい政府の本音を宋長官が知らぬ間に露わにしたのではないかという見方もある。

  論議が巻き起こると国防部は収拾に乗り出した。国防部高位関係者は記者室を訪れて「退役するスウィフト司令官にねぎらう意味の冗談だった」として「在任中に戦略資産の韓半島配備などのために苦労したため、慰めるという意味で行った発言だった」と説明した。さらに、「今年の合同演習は例年水準で行われるだろう」と強調した。

  国防部は出入記者団に送った別途の携帯メール(SMS)でも「今日宋長官が拡張抑制戦力を言及したのは2015年5月に就任して韓米海軍協力の増進と韓半島の安保状況を安定的に管理することに貢献し、5月に退役する予定のスコット・スウィフト提督に対する『ねぎらいと挨拶の意味』で行った発言だった」と釈明した。だが、スウィフト司令官が準備しているといったにも宋長官が再度戦略資産を送らなくてもかまわないと述べたもので、このような国防部の釈明は説得力に欠けるという声も出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事