【コラム】国際記録遺産センター誘致の立役者=韓国

【コラム】国際記録遺産センター誘致の立役者=韓国

2017年11月13日17時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連教育科学文化機構(ユネスコ)の世界の記憶(Memory of the World)サイトには「MOW JIKJI PRIZE」(直指賞)コーナーがある。読んでみると、誇らしい。「世界で最も古い金属活字本である直指心体要節を記念し、記録文化遺産の保護に貢献した人々のために賞を作った」という説明と共に候補の推薦・審査の過程が記されている。2004年に制定されて隔年制で授賞する。その間、チェコ国立図書館、マレーシア国家記録院などが受けた。賞金は3万ドル(約340万円)。

  直指を印刷した興徳(フンドク)寺があった忠北清州(チュンブク・チョンジュ)にユネスコ国際記録遺産センター(ICDH、以下。遺産センター)が2019年に設立される。フランス・パリで6日、開かれた第39回ユネスコ総会で承認された。ユネスコと韓国政府は来年2月ごろ、遺産センターの建設のための協定を締結する。

  遺産センターが設立されれば、世界の記録遺産の保存および政策研究、記録物管理、教育プログラムの解発などの業務を担当する。遺産センターはユネスコの「カテゴリー2」機構に属する。「カテゴリー2」はユネスコが直接予算を支援して運営する「カテゴリー1」と違い、該当機構を誘致した国が人的・物的資源を支援する。清州市(チョンジュシ)が260億ウォン(約26億円)程度の遺産センター建設費用を負担し、国家記録院は運営費を支援する。

  遺産センターの設立には様々な事前作業があった。清州市は昨年9月、直指フェスティバルを訪ねたユネスコ事務局長を補佐するフランク・ラ・ルー氏に遺産センターの設立への意思を明らかにして協調を求めた。国家記録院はことし3月、ユネスコに設立意向書を提出した。このような努力も努力だが、遺産センター誘致の立役者は「直指」のような世界的な記録遺産そのものだ。直指は高麗末、白雲和尚(1299~1374)が仏陀と高僧の教えを集めて編纂したもので弟子が右王3年(1377年)に刊行した。ヨハネス・グーテンベルクの「42行聖書」(1455年)より78年先んじる。ユネスコは1992年から「世界の記憶事業」を進めてきた。現在426件が登録されている。韓国は「朝鮮通信使記録物」など16件だ。ドイツ(23件)、英国(22件)、ポーランド(17件)に続き4位だ。中国(13件)、日本(7件)を先んじている。

  韓国・中国など8カ国の市民団体が推進してきた「慰安婦資料」は日本の攻勢で最近世界の記憶への登録が見送られた。遺産センターが世界の記憶の選定に直接関わるわけではないが、記録遺産業務全般で韓国の影響力は従来より大きくなるものと見られる。清州は「直指の都市」を越えて「世界記録の都市」に成長することができる。良いことだ。ただし、遺産センターの誘致を契機に韓国の記録物管理体系を詳細に確認する必要がある。弾劾と政権交代の過程で大統領記録物がどれほど粗末に管理されているのか如実に明らかになった。世界の記録遺産の管理を先導するという国としてはより恥ずかしいことだ。

  ヨム・テジョン/ナショナル部デスク
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事