【社説】保育園での児童虐待、なぜこんな状況になったか=韓国

【社説】保育園での児童虐待、なぜこんな状況になったか=韓国

2015年01月16日10時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  仁川(インチョン)の保育園暴行は絶対にあってはいけない、とんでもない事件だ。保育士が4歳児が倒れるように顔を殴りつけたのも衝撃だったが、その子供が暴行にあった後とった行動に、さらにあっけにとられた。泣いたりぼんやりしていたりするのではなく、すぐに起きて床に落ちたキムチを拾って口につめ込んだ。子供が暴力に慣れているのではないかという疑問と恐怖をかもし出した。

  最近になって保育園での暴行事件が頻繁に発生している。富川(プチョン)の保育園では昼寝をしないとして子供を頭の高さまで持ち上げて投げ落とすことを数回繰り返す場面が公開されたのもわずか1カ月前だった。この5年間で保育園での児童虐待は754件にもなり急激な増加スピードだ。2012年の135件から2013年には232件に増えた。2012年に無償保育が拡大して保育市場がぐんと増えた一方、インフラや質的サービスが追いつかないためだ。量的成長に重点を置くが質的水準はむしろ後退するという、典型的な韓国型の弊害が繰り返されたのだ。

  今回の事件を起こした仁川の保育園は保健福祉部の評価認証で95点という高い点数を受けたという点が知らされながら評価認証に対する不信も大きくなっている。実際に現行の評価認証は会計・行政・施設などに重点を置いて、保育に最も重要な保育士の資質評価はほとんど行われていない。福祉部の委託で認証評価を行っている韓国保育振興院の現場観察者は、非常勤の契約職220人。彼らが全国4万4000カ所余りの保育園を点検しており現場の点検が自ずから表面的になるほかはない。

  量的膨張の弊害は、保育の最も重要な要素である人の失敗を招いた。インターネット講義や形式的な実習で保育士の資格を取れるほどに資格管理が粗末だ。仕事が大変で給与は月150万ウォン前後の手薄い構造だと良い人材確保も難しい。また量的拡大にともなう民間の保育園投資が増える中で短期間で元をとろうとする一部の保育園院長の商魂が絡み合った。低級な保育士の採用、不十分な給食や児童虐待の悪循環が続くほかはない。

  15日、政府と政界は保育園内のCCTV義務化案、保育園での虐待防止のための制度改善、保育士の資質強化案、加えて保育士についての根本的対策などの制度整備案をつくるためにTFチームを構成すると明らかにした。現場の監視役をするCCTVは現在保育園5カ所中1カ所に過ぎないだけに至急増やすべきだ。量的膨張に伴うことのできない低いサービス水準を改善し、公共保育の好循環を成し遂げるためにはまず現行保育制度の構造的な問題を正しく理解しなければならない。そうして根本的な計画を立てなければならない。児童虐待に対する処罰程度も大きく高めるべきだ。何の罪もない子供たちが虐待されることが、これ以上広がらないようにしなければならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事