“フィリピン大統領と熱愛説”韓国系女性「後にまた会う考えも」

“フィリピン大統領と熱愛説”韓国系女性「後にまた会う考えも」

2014年06月11日15時37分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
フィリピン大統領の元恋人として知られるグレース・リーが話題だ。(写真=KBSキャプチャー)
  フィリピン大統領の元恋人として知られるグレース・リーが話題だ。

  10日午前に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビ番組「余裕満々」に、韓国系のフィリピン放送関係者グレース・リーが出演し、ベニグノ・アキノ大統領との熱愛説について語った。

  この日、グレース・リーは「大統領との熱愛説が出た後、ネット上のコメントのために精神的に苦労した」と話し始め、「2泊3日間、妹を連れてシンガポールに逃走した」と明らかにした。

  グレース・リーは「李明博(イ・ミョンバク)大統領のフィリピン訪問当時にスピーチを引き受けてほしいということで(アキノ大統領と)初めて会った」とし「その後、大統領宮のクリスマスパーティーに招待され、そのパーティーで私に対する感情に気づいた」と告白した。

  その後、「アキノ大統領とデートを何度かしたが、熱愛説があまりにも大きく出たため、恋人の関係には発展しなかった」と話した。また「当時は熱愛説を否認することもできなかった。大統領が『私たちはお互い良い感情で会っている』と話していたので、私は何も話せなかった」と説明した。

  これに関し、チョ・ヨングがグレース・リーに「完全に別れたということか」と尋ねると、「大統領としている間は会うのが難しいと思った。後にまた会う考えはある。今でもお互いメッセージをやり取りしながら安否を尋ねている」と大統領との現在の関係を率直に答えた。

  グレース・リーは身長と体重を尋ねられると「162センチ、49キロ」と明らかにし、「整形をしたのか」というチョ・ヨングの突発質問に対し「目をしたが、今はみんな解けてしまって悩んでいる」と答え、関心を引いた。

  また、過去の美人コンテスト出場当時の写真と関連し、「当時、美人コンテストに出る人が足りなかったので、参加だけでもしてほしいと言われて出たが、そこで1位になった」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事