日本、「グーグルアース」だけ信じて北ミサイル迎撃2000億円事業が蒸発寸前

日本、「グーグルアース」だけ信じて北ミサイル迎撃2000億円事業が蒸発寸前

2019年06月13日08時06分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米国がルーマニアに設置したイージス・アショア。(写真=米戦略国際問題研究所)
  日本防衛省の短絡的な行動のせいで2000億円を越えるイージス・アショア(Aegis Ashore)事業が難航を避けられなくなった。イージス・アショアは北朝鮮が打ち上げた長距離ロケットが日本列島の上空を飛行したことを受けて日本が配備の準備を急いでいるミサイル防衛システムだ。

  ニッポン放送は12日、秋田県でイージス・アショア反対世論が拡大していると報じた。秋田県の佐竹敬久知事は9日、県議会で「防衛省の基本的な姿勢には甚だ疑問があり、話は振り出しに戻った」とし、防衛省との協議を白紙に戻す意向を明らかにした。これに先立ち、防衛省は秋田県と山口県がイージス・アショア配備に適合しているという報告書を先月発表した。

  ところが候補地を選定する報告書に大きなミスがあったことが今になって明らかになった。防衛省はレーダー配備場所が周辺の山よりも高くて電波を遮らないという条件を優先順位に置いて候補地を選んだ。

  だが、朝日新聞によると、防衛省がグーグルアース(Google Earth)をプリントした後、分度器と定規で測って候補地を探した。グーグルアースはグーグルが提供する地図サービスだ。現場を現地調査して実測したものではない。このため条件が合わないという理由で候補地から脱落した場所の一部も、事実上配備が可能なことが分かった。

  政府消息筋は「地球が丸いため平面地図は歪みは避けられない」とし「そのため曲率(丸さの程度)を考慮に入れるか実測しなければならない」と話した。秋田県では防衛省がイージス・アショアを配備するためにデータを改ざんしたのではないかとして反発している。

  レーダー電磁波の有害性が懸念されるということで、イージス・アショアに対する現地の世論はもともと友好的ではなかった。山口県はすでに配備反対の意思を明らかにした。

  防衛省は8日に住民説明会を開いてグーグルアース論争に対して陳謝したが、今回は説明会に参加した職員の居眠りが問題になった。岩屋毅防衛相が10日に再度陳謝したものの、民心を取り戻すには力不足だ。防衛省は秋田県が配備適地のうちのひとつであるという判断には変わりはないという立場だ。

  イージス・アショアは艦艇のミサイル迎撃体系であるイージスを陸上用に改造したものだ。このシステムの核心はAN/SPY-1レーダーとSM3ミサイルだ。特に、日本は米国と共にSM3の最新型であるSM33ブロック2Aを開発している。イージス・アショアにはSM3ブロック2Aが組み込まれる。SM3ブロック2A(射程距離2500キロ)は高高度ミサイル防衛体系(THAAD、射程距離200キロ)よりも射程距離がはるかに長い。高高度の弾道ミサイルも迎撃することができる。

  日本は21億5000万ドル(約2404億円)を投じてイージス・アショア2基を配備する計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事