「仮想現実セックス」試作品出てくる

「仮想現実セックス」試作品出てくる

2015年04月22日13時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  映画『デモリションマン』(1993年)に出てくるサイバーセックスが近い将来現実になる見通しだ。仮想現実(バーチャルリアリティ、Virtual Reality)の中でセンサーチップを通じて実際の性行為と似たような、触って感じる感覚を実現できる技術が開発されているためだ。

  20日サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると中国深センのスタートアップ(新生企業)のUCグラスが、世界で初めて無線システムを利用して肉体的接触なしに仮想現実の中でセックスが可能な製品を開発し試験段階にある。多くの企業が仮想現実内の視覚に焦点を合わせている一方、感覚神経の分野で技術力を備えたUCグラスの製品は、見るだけでなく直接触って感じられる触覚を伝えることができる。

  UCグラスの製品は、スマートフォンとバーチャルリアリティヘッドセットを利用すればよい。サムスンの「ギアVR」やグーグルの「カードボード」のようにUCグラスの製品もヘッドセットを使わなければならない。UCグラスの最高運営責任者(COO)であるウジュンウィアン氏は「現在、製品のデザインとアルゴリズムを完成する最終段階に来ている」と話した。UCグラスで自ら製作したセンサーチップが「仮想現実セックス」を可能にする核心だ。センサーチップがユーザーの動きを読んで仮想現実の中に反映すれば、人が感じる複雑な感覚を体験できる構造だ。

  成人用セックストイを作る会社やゲーム開発者は、UCグラスのセンサーチップに関心を見せている。USAトゥデイは「ビデオゲーム市場やポルノグラフィー市場は世界的に1000億ドル(約108兆ウォン)規模で仮想現実市場も潜在力が豊富だ」と伝えた。

  UCグラスはクラウド・ファンディングサイトであるインディーゴーゴー(Indiegogo) を通じて資金を募集する計画だ。機器1台あたり200ドル(約21万ウォン)で売る条件で1000個を販売し、20万ドル(約2億1600万ウォン)を集めるという目標を立てた。

  多くの企業が仮想現実の製品市場に目をつけている。フェイスブックは昨年3月、仮想現実のヘッドセットを作るオキュラス(Oculus)VRを23億ドル(約2兆5000億ウォン)で買収したことがある。

  一部の専門家たちはしかし、現在開発されている仮想現実装備の水準を考慮すると、この企業が主張している実際と同じようなレベルの仮想現実セックスは誇張されたものだと批判している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事