俳優イ・ビョンホン、新作で演技変身 情深い「近所の兄ちゃん」役で感動届ける(1)

俳優イ・ビョンホン、新作で演技変身 情深い「近所の兄ちゃん」役で感動届ける(1)

2018年01月10日16時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
イ・ビョンホンはサーバント症候群を患う弟役を演じた俳優パク・ジョンミンに惜しみない賛辞を送った。(写真提供=BHエンターテインメント)
  なじみのある場面だがジーンとする。笑わせて泣かせる。17日に公開される『それだけが私の世界』(原題、監督チェ・ソンヒョン)はこのようなありがちな公式が用いられている映画だ。全盛期を過ぎた元ボクシングチャンピオンで、アルバイトで細々と暮らしているチョハ(イ・ビョンホン扮)、家庭内暴力に苦しめられたことから17年前に家を出て行った母親インスク(ユン・ヨジョン扮)が偶然再会するというストーリーだ。インスクにはサーバント症候群を患うもう1人の息子ジンテ(パク・ジョンミン扮)がいる。紆余曲折の末に始まった家族3人の同居生活は、大小の騒動と素朴な笑いで満たされている。

  イ・ビョンホン(48)が演じるチョハは孤児同然でこの世を力の論理で学び、生きてきた男だ。それでもゆがんだところがなく、情と茶目っ気にあふれている。最近作『南漢山城(ナムハンサンソン)』『エターナル』で見せた節制された演技とは方向が違っても、イ・ビョンホンの演技キャリアにおいて見慣れないキャラクターではない。ソウル三清洞(サムチョンドン)で会ったイ・ビョンホンは「ストーリーが与える力と情緒に心を動かされた」と語った。

  --「近所の兄ちゃん」のようなキャラクターは久しぶりだ。

  「『Happy Together』以降、ほぼ20年ぶりだ。〔『Happy Together』は1999年のSBS(ソウル放送)ドラマで、イ・ビョンホンは散り散りになった兄姉たちの絆を取り戻そうと奮闘する多情な無名野球選手を演じた。)強そうに見えるが、なぜかちょっと『見掛け倒し』っぽいところが私と非常に似ていて、自信を持って演じることができた。全く関心がなさそうな分野に一瞬でハマるのも普段の私そのものだ。チョハがゲームでジンテに勝ちたくて、一人頭にきてジタバタしている。私もジョイステックを持てば豹変する(笑)」

  --ボクサーの見かけはどのように作っていったか。

  「体育館の隈で選手たちの服装や練習する過程、辛い時の表情を観察した。ジャージやTシャツは実際に長く着たものを家から何着か持ち込んだりした。髪の毛は『スポーツ刈り』しに行って、はからずも頭の上側からバリカンを入れられたが、その感じがなぜかチョハのようでなかなか良かった。後で検索したら、ボクシング世界チャンピオンのパク・ジョンパル選手の全盛期時代のヘアスタイルだった。シャドーボクシンもけっこう練習したが、映画では短く編集されてしまった」

  --PSYの『I LUV IT』のミュージックビデオ(MV)にサプライズ出演してロボットダンスを披露したことに続き、映画でも果敢なブレイクダンスを踊った。

  「パク・ジョンミンさんがこう言っていた。共演したユン・ヨジョンさんがその場面で心から大笑いしていたと。シナリオに本当に『突然起きあがってブレイクダンスを踊るチョハ』と書いてあった。映画を見て、PSYのMVを思い出す人が多いのではないかと心配にはなったが、チョハというキャラクターに自信が持てるようになった撮影後半部だったのでそのままいった。ブレイクダンスは高等学校の時にちょっとやったことがある。リズムや拍子の感覚はあまり優れているとは言えないが、変な動きに関心が多かった。高2の修学旅行、特技自慢の時にブレイクダンスで2等を取った」

俳優イ・ビョンホン、新作で演技変身 情深い「近所の兄ちゃん」役で感動届ける(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事