<MERS>中国で治療の韓国人患者が退院…昨日帰国

<MERS>中国で治療の韓国人患者が退院…昨日帰国

2015年06月27日10時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中東呼吸器症候群(MERS)に感染したまま中国出張に行き、現地で隔離治療を受けていた10番目の患者Aさん(44)が26日、退院した。中央MERS対策本部は「10番目の患者がこの日午後に帰国した。入国後に出国過程などに関して1時間半ほど調査した」と明らかにした。

  Aさんは最初のMERS患者と平沢(ピョンテク)聖母病院の同じ病室(2人部屋)に入院した3番目の患者(76、死亡)の息子。先月16日に父の見舞いに行って感染したと推定される。

  Aさんは3日後の先月19日から発熱し、保健所の職員とある大学病院の救急室の医師に感染の疑いを知らせたが、保健当局には申告されなかった。Aさんは26日に香港経由で中国広東省に行き、救急室の医師が翌日、Aさんの診療を申告した。こうした内容の通報を受けた中国政府はAさんを捜し出し、恵州中心人民病院で治療してきた。中国ではMERS感染が発生しなかった。在中韓国大使館の関係者は「10万-20万元(約200万-400万円)程度と推定される治療費は中国政府が全額負担することにした」と明らかにした。

  中国メディアによると、Aさんは退院する際、中国の医療スタッフにハングルで書いた感謝の手紙を残した。A4用紙1枚分の手紙には「苦しい時期だった5月末から6月10日までは何も考えられなかった…この1カ月間、私をそばで守ってくれたのはここの看護師たちだった。すべての方々に感謝の気持ちを伝えたい」などと書かれていた。病院側は退院するAさんに花束を贈った。Aさんは入院の初期、韓国放送局の電話インタビューで病院の食事に対する不満などを吐露していた。

  26日、韓国のMERS患者は1人増えて計181人となった。181番目の患者はMERS患者を治療してきたサムスンソウル病院の専門医(26)。この医師は12日にMERS陽性判定を受けた病院救急室の保安要員(135番目、33)から感染したと推定される。鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部病気予防センター長は「サムスンソウル病院の一般医療スタッフは今月17日まで全身防護服を着用せず、感染の危険に露出したとみられる」と述べた。

  この日、7人が完治し、退院者は81人に増えた。死亡者は2人増え、31人(死亡率17%)となった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事