グーグルとHTC、「サムスン製品の販売禁止」に意見書提出

グーグルとHTC、「サムスン製品の販売禁止」に意見書提出

2013年05月09日09時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アップルとサムスンの特許訴訟が進行中の中、グーグルとHTCがサムスン側についた。

  ドイツの特許専門ブログ「フォスパテント」は7日、グーグルやHTCなどIT分野5社が米国控訴裁判所にアミカスブリーフ(第三者意見書)を提出したと明らかにした。これら企業は意見書で、「サムスン電子製品の販売を禁止してはならない」と主張した。これら企業は自身を「革新技術会社」と紹介し、スマートフォンとタブレットPCなどが数多くの機能の集合体という点を強調した。これら企業は「被告(サムスン電子)の製品が原告(アップル)の製品販売に影響を及ぼしたという証拠もない状況でささいな特許機能を根拠に技術的に複雑で革新的な製品の販売を禁止するのは行き過ぎだ」という意見を出した。

  今回意見書を提出した企業はアンドロイドOSを開発したグーグルと台湾のスマートフォンメーカーのHTC、業務用ソフトウェア開発会社のSAP、リナックスOSを配布するレッドハット、ウェブホスティング会社のラックスペースだ。HTCはスマートフォン端末市場でサムスンと競争しているが、「唇亡びて歯寒し」という次元でアンドロイド陣営の先鋒のサムスンに力を与えた。ソフトウェア企業は無分別な特許を乱発するパテントトロールに批判的な立場で参加したと分析される。ポスパテントは「レッドハットはグーグルと共同で米国の反独占規制当局にパテントトロール関連の意見書を提出したことがあり、ラックスペースも最近パテントトロールの横暴に対する反対キャンペーンを展開してきた」と説明した。

  現在米国控訴裁判所はアップルが申し立てたサムスン「ギャラクシーネクサス」と「ギャラクシータブ」などに対する販売禁止について審査中だ。アミカスブリーフは事件当事者ではない第三者で、該当訴訟に利害関係がある人や企業が自発的に裁判所に提出する文書を意味する。3月にはフィンランドのスマートフォンメーカーのノキアがアップルを支持するアミカスブリーフを裁判所に提出している。アンドロイドを放棄しマイクロソフトのウィンドウズフォン7を主に生産しているノキアは、「特許保有者が特許を侵害した競争企業の製品を永久的に販売禁止にできてこそ技術が発展するだろう」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事