チェジュ航空緊急回航「酸素マスク作動せず」…乗客「阿鼻地獄」

チェジュ航空緊急回航「酸素マスク作動せず」…乗客「阿鼻地獄」

2019年06月13日06時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
済州航空
  フィリピンから出発して仁川(インチョン)国際空港へ向かっていたチェジュ航空旅客機が機体異常で緊急回航することがあった。12日午前3時半ごろ、乗客149人を乗せてフィリピン・クラーク国際空港を出発したチェジュ航空7C4604旅客機は出発20分でクラーク国際空港に回航した。

  チェジュ航空関係者は「正常離陸後、高度を高めていたところ、高度下降警報が鳴りマニュアルに従って回航決定を下した」として「問題が生じた旅客機内の高度センサーの部品を空輸している」と明らかにした。

  ところで、この旅客機に乗っていた乗客は回航当時、非常に緊急な状況で乗務員の対処が不十分だったと主張した。旅客機乗客はこの日『時事ジャーナル』を通じて離陸後突然機内が寒くなり始め、機内には酸素マスクが下降したと明らかにした。

  乗客Aさんは機内が突然寒くなった後、座席の酸素マスクが下降して「安全ベルトと酸素マスクをつけなさい」というアナウンスが繰り返して流れたと伝えた。緊急状況であることに気付いた乗客は酸素マスクをつけようとしたが、まともに作動しなかったという。

  極限の恐怖を感じた乗客が「マスクが作動しない」と大声を張り上げたが、乗務員は動かずに各自の席に座ってマスクをつけていたとAさんは主張した。当時、乗客の中には家族に送る映像を残す人々もいた。

  乗客はクラーク国際空港に回航直後にチェジュ航空側が補償金の振り込み書類にサインを受けることに汲々としていたとも指摘した。チェジュ航空側は顧客名や銀行名、口座番号などを記入して書類を提出するとして一人当たり10万ウォン(約9000円)ずつ補償金を与えると伝えた。

  Aさんは「飛行機の機体問題で回航して命の脅威を感じた乗客にサインを受けることに汲々としていた」として「チェジュ航空側は謝罪もなく乗客を散らしておこうとした」と指摘した。

  Aさんは痛いフィリピン乳児に毛布を与えなかった乗務員の態度も指摘した。A氏は「機内が突然寒くなり韓国病院に急に行っていたあるフィリピン乳児が寒気を感じた」として「周りの韓国人が毛布を求めたが、乗務員から『毛布は販売するもので与えられない』と言われた」と伝えた。

  搭乗乗客は補償金書類にサインをせずチェジュ航空に対応するという立場だ。Aさんは「状況を乗客同士で共有した後、対処する予定」とし「チェジュ航空は急いで収拾しようとするのでなく、管制塔が最初に飛行機の離陸を遅らせた理由などを正確に調べる必要があるだろう」と指摘した。

  これを受け、チェジュ航空側は「回航途中で状況が解除された。乗客の話のように緊迫した状況ではなかった」とし「乗客の立場では恐ろしい状況だったため、状況を差し迫ったように感じたかもしれない。離陸直後、高度を下げるように警報が鳴り手続きに従って酸素マスクを作動し、センサーエラーで実際につけるべき状況でなかったため、該当内容を案内した」と明らかにした。

  関係者は「一部の乗客から酸素マスクが作動しなかったという情報提供があったが、着用時にひもを引っ張って酸素供給ができるようにしてからつけるもので、同列に装着された酸素マスクは一つの酸素ボンベを使うため、ある座席は作動するのに隣の座席は作動しない場合はない」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事