韓国初の原発解体研究所、2021年に古里と慶州に設置

韓国初の原発解体研究所、2021年に古里と慶州に設置

2019年04月16日08時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府のエネルギー転換政策により韓国で初めての原子力発電所解体研究所が原発密集地域である韓国東南部の釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)と慶州(キョンジュ)に2021年下半期までに作られる。

  産業通商資源部は15日、韓国初の原発解体候補地である古里(コリ)1号機現場で原発解体研究所設立了解覚書(MOU)締結式を行った。原発解体研究所は設計寿命満了で永久停止された古里1号機の安全な解体を助け内外の原発解体市場の成長にあらかじめ備える核心インフラとして機能する予定だ。

  原発解体研究所は原子炉の形態と廃棄物の種類により重水炉と軽水炉でそれぞれ異なる技術と装備が必要なため2カ所に分かれる。

  釜山・蔚山境界地域である古里原発に設置される原発解体研究所は軽水炉分野で、慶州に設置されるのはそれより規模が小さい重水炉解体技術院だ。韓国の原発30基のうち26基が軽水炉で残り4基が重水炉だ。

  2022年に着手が予想される古里1号機の解体は約10年にわたり設計、除染、構造物解体、敷地復元などに約1000人の人材が必要と予想される。

  政府や自治体は原発1基の解体にかかる費用を1兆ウォン(約986億円)と推算した。このうち韓国原子力環境公団の処分費用が4000億ウォン、地域落水効果が6000億ウォンだ。産業通商資源部によると世界の原発は453基でこのうち170基が永久停止状態だ。解体市場規模は550兆ウォンに達する。韓国の原発は2030年までに11基が設計寿命を満了する予定で、解体市場規模は22兆5000億ウォン以上と推定される。産業資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は「2020年代後半から原発解体産業規模が本格拡大する見通しで、古里1号機解体を機会に原発企業の収益源として市場を先取りしていく必要がある」と話している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事