起亜車「ニロEV」発売…1回の充電で385キロ走行

起亜車「ニロEV」発売…1回の充電で385キロ走行

2018年07月20日15時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
起亜自動車が電気自動車「ニロEV」の走行距離と価格を公開し、19日から公式販売を始めた。(写真=起亜自動車)
  1回の充電で385キロを走る電気自動車「ニロEV」が正式販売に入った。起亜自動車は19日、SUV「ニロ」の電気自動車(EV)モデル「ニロEV」の販売を開始したと明らかにした。

  64kWhバッテリーを搭載し、1回の完全充電時の最大走行距離は385キロ。ソウルから大田(テジョン)まで往復走行できる。最高出力は150Kw(204馬力)、最大トルクは40.3kgf・m。起亜車は似た車級の内燃機関車両を上回る水準の動力性能を確保したと説明した。

  ニロEVは税制優遇後基準でプレステージ仕様が4780万ウォン(約478万円)、ノブレス仕様が4980万ウォン。ソウル市を基準に地方自治体の補助金を加えれば、それぞれ3080万ウォン、3280万ウォンで購買できる。また、市内の出勤・退勤を中心に車を活用する顧客のために走行距離が短い「スリムパッケージ(39.2kWhバッテリー適用)」をマイナスオプションとして準備した。スリムパッケージを選択すれば基本モデルより350万ウォン安く購入できる。

  走行補助技術は前方衝突防止補助(FCA)、車線維持補助(LFA)、停車および再出発機能を含むスマートクルーズコントロール(SCC)、運転手注意警告(DAW)などがすべての仕様に適用された。また仕様によって後側方衝突警告(BCW)、ハイビーム補助(HBA)、高速道路走行補助(HDA)などの技術も選択できる。

  起亜車はニロEVの発売に合わせて電気自動車特化サービスも強化することにした。まず電気自動車専用部品を10年・16万キロまで保証し、高電圧バッテリー生涯保証プログラムも導入する。また、電気自動車専門整備サービスを全国18カ所の直営サービスセンターと81カ所のオートQセンターで提供する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事